記事種別

シニア向けサービスのCVR向上事例も カスタマイズ可能な和製チャットツール「Chamo」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

サービスの提供から約2年。和製オリジナルチャットツールとして、これまでに1,200社を超える導入を達成し急成長を続けている。きめこまやかなウェブ接客ツールとして、低価格を実現し、不特定多数のユーザーにリーチできる「Chamo」を検証する。

導入1,200社超!チャットウェブ接客「Chamo」の開発経緯

 多くの事業者が自社サイトを持ち、その運営に力を入れているが、ユーザーがサイトを訪問した後に続くコミュニケーション手段は、電話かメールが主流であった。それを、リアルタイムのチャットによるコミュニケーションを実現し、CVRの向上や離脱を防止するべく開発されたのが「Chamo」である。

 もともとは、BtoB向けのスマホウェブ接客ツールとしてスタートした。海外のツールを参考にしながらも、日本の商習慣にあったツールを目指してイチから開発を始めたとのこと。最近では、LINEによってチャットが浸透し、チャットbotも注目を集めているが、Chamoはすでにサービスをローンチして1年半が経過、導入は1,200社を達成している。

Chamoは、右下、左下に配置できる。
管理画面にオペレータがアクセスしていない場合は、メッセージを送信でき(中央)、
アクセスしている場合は、すぐにチャットができる画面が表示される(右)。

オペレーター5人分の仕事をこなすことも!Chamoの機能

 通常、クライアントサイドでの電話対応の場合、1対1の対応となるため他の業務がストップするが、Chamoを利用すれば、慣れたオペレーターであれば、1対5ぐらいのチャットに対応できるとのこと。つまり業務改善として、お客様対応の件数を増やし、電話の鳴りっぱなしを改善することができるのである。では、いくつか機能を見ていこう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:話題のEC関連ツールをPick Up!

もっと読む

2014年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5