記事種別

ソニー、3年ぶりの純利益黒字!貢献したニッチメディア、苦戦したCtoC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

ソニー(6758)が関連会社にしている上場ネット企業、エムスリー(2413)とエニグモ(3665)のビジネスを確認してみよう。

ソニーの関連上場企業、エムスリーとエニグモをチェック!

 ソニーのネットビジネスの中核を担っているのは、ネット接続サービス「So-net」を運営しているソネットだ。同社は2005年に上場したものの、ソニーの完全子会社になったことで12年に上場を廃止している。そのほかに、関連会社にしているのが、エムスリーとエニグモである。エムスリーはソネットの子会社としてスタート。エニグモは06年に出資したことで関連会社になった。

 ソニーは15年度の決算で、22億円の持分法投資損益を計上している。これは関連会社の純利益を、出資割合に応じて決算に取り込むものだ。最終赤字だったエニグモは足を引っ張った形だが、黒字だったエムスリーは、ソニーの利益に貢献したわけだ。

 エムスリーは、翻訳センター(2483)と日本メディカルネットコミュニケーションズ(3645)を関連会社にしており、同じように両社の利益を取り込む。つまり、ソニーは間接的に、翻訳センターや日本メディカルネットコミュニケーションズとも接点があるということだ。

ソニーのネット企業出資先(「%」は出資割合)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:EC関連企業の財務状況をきまぐれにチェック

もっと読む

2015年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5