記事種別

ボタンの色変更でCVR12%アップの事例も テストページ活用で負荷が低いA/Bテストツール「VWO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

ネットショップにおいてWebサイトのデザインやLP(ランディングページ)は、収益や集客に結びつく非常に重要なページだが、デザイナーの勘に頼りがち、継続的な改善にコストがかかるといった課題があった。これを解決しようとするのが、A/Bテストツール「VWO」だ。

ユーザーエクスペリエンスを追究し、デザインを改善する

 通常サイトデザインの改善を行うためには、ECサイトを長く運営し蓄積されたデータや、前述のようにデザイナーの経験、技術などのデザイン力に頼るところが大きい。

 しかし、デザインの改善点の目的を「転換率アップ(例)」とした場合、どのような変更を行えばいいのか、これは手探りで、しかも根気よくその答えを探すことになる。だが、このやりかたでは限界があるのを理解する必要があるだろう。

 ここ数年重要視されているUX(ユーザーエクスペリエンス)は、ユーザーが訪問した際、商品などの魅力を体験、満足してもらい、その結果として売上アップへとつなげるという考えかただ。

 つまり、ユーザーに満足してもらい、何度も訪問したくなるようなサイトをデザインする。それが転換率をアップするデザインということになる。この満足度や魅力をデザインに生かすには、どうすればいいか。その答えを導いてくれるのがA/Bテストである。

 A/Bテストが注目を浴びたのは、オバマ大統領の選挙活動の時であるのはよく知られている。複数の画像やテキストの文面、ボタンの色、配置などを比較しながら、一番クリックされる条件を見つける。これがA/Bテストの基本だ。そのA/Bテストを効率よく行うツールが「VWO」である。

イギリスのシャツメーカー「Thomas Pink」の事例

 たとえば、イギリスのシャツメーカー「Thomas Pink」では、A/Bテストの実施過程において、コンバージョンは、2.3%から2.6%に上がり、売上が大きく改善された。

 継続的に改善を続けることよって、さらにコンバージョンレートを上げ、時間をかけて、当初とはまったく異なるLPのデザインとなっている。テストと改善を繰り返し、目的とするデザインにたどり着いたのだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:話題のEC関連ツールをPick Up!

もっと読む

2015年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5