記事種別

「AdWords出稿していなくても参加できます」 Google認定ショッププログラムについて聞いてきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/12/24 08:00

2013年12月6日から、Google認定ショッププログラムのパイロット版がリリースされました。Googleの狙いや、中小規模のネットショップが有効活用するにはどうしたらいいのか。本サービスを担当する、グーグルの中嶋千加子さんにお話をうかがいました。

Google認定ショッププログラム パイロット版開始

――認定ショッププログラムの概要と目的を教えてください。

「ネットショッピングの際に、『このお店、あまりよく知らないけれど、安心してお買い物できるのかなぁ』という不安から、最終的に買うまで至らないユーザーがかなりの数いらっしゃると思います。

 そういったユーザーの背中を押すため、Googleがショップを優良であると認定し、万が一のトラブルのサポートすることで、安心してネットショッピングを楽しんでいただく。ひいては、ネットショッピングのマーケット自体の裾野が広がればというのが大きな目的です。

 ユーザーもショップも無料でプログラムに参加できますから、これ自体でマネタイズとは考えていません。ただ、ネットショッピングのマーケットが広がることで、Googleが行っているオンラインの世界での広告活動にもメリットがあるのかなと、長期的視野で見ています」

グーグル株式会社 プロダクトパートナーシップ本部
ストラテジックパートナーディベロップメント マネージャー
中嶋千加子さん

――実際の利用状況はいかがですか?

「今回、パイロット版にご賛同いただいて、バッジが付与されたのが6サイト4社さまです。新しくかなりの数のお問い合わせをいただいており、順次対応させていただくといった状況です。

 2012年6月から実施しているアメリカにおいて、プログラムに参加いただいたショップさんでは、数に幅がありますが、売上が上がった、コンバージョン率が上がったというケーススタディがいくつか出ています」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:編集部インタビュー

もっと読む

2016年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5