記事種別

Tableauダッシュボードでリスティング広告を最適化しよう CPA、ROASなど主要な12指標を一覧にすると

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

リスティング広告から在庫管理まで、EC担当者のデータ分析効率を上げるBIツール 「Tableau(タブロー)」を活用して高速PDCAを回しましょう。今回は、Tableauダッシュボードを使った、リスティング広告の最適化です。

リスティング広告の現状を「Tableau」で捕捉しよう

 リスティング広告はEC事業者にとって非常にポピュラーなパフォーマンス改善施策となっており、実施していない事業者を探すほうが難しい状態になっています。読者の皆さんも実施中の方が多いと思います。リスティング広告がポピュラーなのは、リスティング広告が持つ以下の3要素にあると考えられます。

1.計測可能性

 広告の表示回数、クリック数、クリック率、クリック単価、掲載順位、コンバージョン数、費用、コンバージョン率、コンバージョ...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • リスティング広告の現状を「Tableau」で捕捉しよう
  • 1.計測可能性
  • 2.ターゲット性
  • 3.柔軟性
  • 主要12指標についての時系列ダッシュボードを作成する
  • 時系列ダッシュボード
  • 媒体別、デバイス別、キャンペーン別のダッシュボード作成
  • 散布図を利用した、キャンペーン別最適化方向性の立案
  • 1.一般ワード
  • 2.アイテム_バーナー
  • 3.ブランド_ティンバーランド
  • 4.ブランド_パタゴニア
  • 5.アイテム_寝袋
  • 1.一般ワード
  • 2.アイテム_バーナー
  • 3.ブランド_ティンバーランド
  • 4.ブランド_パタゴニア
  • 5.アイテム_寝袋




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 株式会社プリンシプル WEB解析事業部長 木田 和廣(キダ カズヒロ)

    1989年早稲田大学政治経済学部卒業。豊田通商の南米駐在員として自動車販売に従事。ソフトバンクグループの株式会社カービューへの転職をきっかけにオンラインマーケティングの世界に入る。その後、大企業向けWeb解析ソリューション WebTrendsの営業を経てコンサルタントに転身。2009年には Goog...

バックナンバー

連載:Tableauを活用したEC高速PDCA術

この記事もオススメ

2016年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5