記事種別

ランディングページのタイトルからCVRが高いキーワードを見つけよう Tableauで見つけるSEO対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告から在庫管理まで、EC担当者のデータ分析効率を上げるBIツール 「Tableau(タブロー)」を活用して高速PDCAを回しましょう。いよいよ最終回!は「Tableauを利用したSEOの現状把握とポテンシャル見立て」です。

TableauでECサイトのSEOを分析・改善策を考える

 EC事業者にとってSEOは、関連性の高いトラフィック、つまり、お客様になっていただける可能性の高いユーザーからのトラフィックをサイトに誘導する手法として、非常に重要になっています。

 前回(第5回)のコラムで、Tableauによる現状把握や効果測定の方法を紹介したリスティング広告は、運用してゆくなかで...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • TableauでECサイトのSEOを分析・改善策を考える
  • 1.自然検索からのトラフィック、CV発生状況を把握する
  • 1.Googleアナリティクスから直近3ヶ月のデータを取り込む
  • 2.取得したデータをビジュアライズし、分析する
  • 3.ダッシュボードでデータを深堀りする
  • 4.コンバージョンが発生したキーワードをLPから探る
  • 2.SEO上のポテンシャルを見立てる
  • 1.GRCを使って現在の順位を調べる
  • 2.アドワーズのキーワードプランナーで検索ボリュームを取得する
  • 3.Tableauで2つのエクセルを取り込む
  • 4.散布図にビジュアライズする
  • まとめ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 株式会社プリンシプル WEB解析事業部長 木田 和廣(キダ カズヒロ)

    1989年早稲田大学政治経済学部卒業。豊田通商の南米駐在員として自動車販売に従事。ソフトバンクグループの株式会社カービューへの転職をきっかけにオンラインマーケティングの世界に入る。その後、大企業向けWeb解析ソリューション WebTrendsの営業を経てコンサルタントに転身。2009年には Goog...

バックナンバー

連載:Tableauを活用したEC高速PDCA術

2015年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5