記事種別

小売に突きつけられた課題 ラストワンマイルと新たな評価指標

定点観測 オムニチャネル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 2017年3月に刊行した『売れるECサイトのすごい仕掛け』で各分野における2016年の動向を総括した専門家には、2017年のスタートはどのように見えたのか。定点観測を行うことで、EC業界の全体像が見えてくる(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

Amazon フレッシュは 買い物代行サービス

 オムニチャネル関連で、最初に逸見さんが挙げたトピックスが、2017年4月21日から日本でもスタートした、生鮮食品を扱う「Amazon フレッシュ」だ。

 「まだ対象エリアが限られているため、それほど話題になっていませんが、私はAmazon フレッシュは買い物代行サービスだと捉えています。小売企業がネットスーパーや店頭受け取りを始めようとすると、社内で専任部署を作ってという発想になります。しかし、Amazonフレッシュのような買い物代行サービスなら、サービス会社が百貨店やドラッグストアからピックアップして、配達してくれるわけです」

 すでにEC事業者に知られている例として、アメリカのInstacartというサービスがある。郵便番号を入力すると同社と契約しているスーパー等が並び、そこで「ショッパー」が買い物を代行してくれるというものだ。

 「日本では、このような買い物代行サービスは、これからますます進んでいくと考えています。代行サービス運営会社は、倉庫を持たなくとも他社の店舗在庫からピッキングする。小売業者にとっては、自社でなく、外部の人たちがピッキングして、届けるところまでやってくれる。手数料を払っても、代わりに買い物をしてほしい忙しい消費者もいますから」

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみお読みいただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きをお読みいただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.01 定点観測

もっと読む

2014年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5