記事種別

機械学習による「CVへの近さ」の点数化 Googleの無料A/Bテストツールが正式版に

定点観測02 分析
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 2017年3月に刊行した『売れるECサイトのすごい仕掛け』で各分野における2016年の動向を総括した専門家には、2017年のスタートはどのように見えたのか。定点観測を行うことで、EC業界の全体像が見えてくる(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

Google Data Studioの レポート数が無制限に

 1つめのトピックスは、データビジュアライゼーションツール「Google Data Studio」について。前回の定点観測でも取り上げたが、その際は作成できるレポート数が5つに限られていた。それが、2017年2月7日にレポートの数の上限が撤廃された。

「クライアントからも、これなら『社内のデータ共有基盤として使えるかも』という声を聞いています」

 データビジュアライゼーションツールの特徴は、自動でリアルタイムにデータがビジュアライズされることから、それをもとに、次のアクションを起こせるというもの。

「広告代理店さんから上がってくる週次、月次の分厚いレポートとは用途が異なります。Google Data Studioのダッシュボードをパッと見て、たとえば、今展開中のキャンペーンの効果がわかる。効果がなければ、代理店さんに電話して、『すぐに対策をお願いします』といったことがリアルタイムに行えるわけです。

 まだベータ版ですから、情報としては早いかもしれませんが、いち早く取り入れたところがアクションも早くなる。差がつくかなと思います」

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみお読みいただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きをお読みいただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.01 定点観測

2015年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5