記事種別

SNS広告が「使える」ように進化 Instagramでサポーターを増やすには

定点観測04 ソーシャルメディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 Instagram大ブーム! の一方で、FacebookやTwitterでは広告をよく見かけるようになった。担当者の力量に依存せず、ビジネスゴールを達成するための活用が可能になったSNS。将来を見据え今から取り組みたいのは、「動画コンテンツ」だ。※本記事は、書籍『ECzine 売れるECサイトのすごい仕掛け』(翔泳社)に掲載したものです。

映画、テレビドラマに学ぶ
ソーシャルメディア発ヒットの生み出しかた

 ソーシャルメディアのビジネス活用について、2016年に起きた象徴的な例として、藤田さんは映画、テレビドラマのメガヒットを挙げる。

 「映画『シン・ゴジラ』『君の名は。』のヒットは、Twitterのクチコミから広がったのではと分析されています。どちらもマスメディアを活用した華々しい事前プロモーションは行わず、コアなファンが感想をTweetし、人が人を呼ぶ形で広がっていきました

 テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』も、当初はそれほど話題になっていませんでした。YouTubeに投稿された“踊ってみた”動画がきっかけにはなっていますが、こちらもヒットのきっかけはTwitterでの拡散です。制作スタッフがソーシャルメディアで話題にしようと考えていた、とも言われています。

 なかでもソーシャルメディアらしいのは、映画『この世界の片隅に』。当初は無名で配給先すら決まらなかった作品でしたが、Twitterのクチコミとクラウドファウンディングで広まり、今では海外上映の配給を求めるクラウドファウンディングも立ち上がっているくらいです」

 こうした例は、ソーシャルメディアのありかた、そしてビジネス目的での活用方法が変わっていることを表すわかりやすい例だと藤田さんは言う。目標とするフォロワーを獲得し、できるだけ多く拡散してもらう“バズらせる”“エンゲージメントする”行為から、共感、感動を共有することで消費者を味方につけ、一緒にプロジェクトを共創することに変化した。

ソーシャルメディアマーケティングを成功に導く5つのポイント

  1. 非言語・直感的/視覚的コンテンツの発信
  2. 即時性・限定感
  3. 検索エンジンの代替・補完
  4. コミュニティ醸成
  5. データドリブンな広告配信

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみお読みいただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きをお読みいただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:書籍『売れるECサイトのすごい仕掛け』定点観測

もっと読む

2017年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5