記事種別

AIビジネス、金融業界が最大規模に【富士キメラ総研調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/11/30 13:00

 マーケティング&コンサルテーションの富士キメラ総研は、ICTの進化、ディープラーニングという新技術の研究が進んだことで、AI(人工知能)の関連ビジネス市場を調査した。その結果を報告書「2016 人工知能ビジネス総調査」にまとめた。

 マーケティング&コンサルテーションの富士キメラ総研は、ICTの進化、ディープラーニングという新技術の研究が進んだことで、AI(人工知能)の関連ビジネス市場を調査した。その結果を報告書「2016 人工知能ビジネス総調査」にまとめた。

 この報告書では、AIを活用した分析サービスや、AI環境を構築するためのコンサルティング、SI(システム統合)、AI環境を支えるプロダクト(ハードウェア、ソフトウェア)やクラウドサービス(SaaS、IaaS/PaaS)などをAIビジネス市場とし、その市場を需要業種別に分析した。また、同時にAIを活用した今後拡大が期待される注目市場(製品/システム/サービス)や、AI関連インフラ市場についても調査・分析し、AI関連ビジネス業界主要企業の事例研究も行った。

 それによると、2015年度のAIビジネスの国内市場は1,500億円となった。製造や金融、情報通信業の大手企業における個別開発が中心であったことから、SIやハードウェアの市場規模が大きくなっている。個人情報や顧客情報を学習データとして取り扱うユーザーでは、セキュリティを重視してオンプレミスでAI環境を構築しようとする傾向が今後も続くとみられる。

 2015年度の市場は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行といったメガバンクのコールセンター導入で先行している金融市場が495億円と最大規模となった。2020年度時点の予測でも、保険、FinTechへと導入が広がる金融市場が、最大規模になるとみられている。

【調査方法】
富士キメラ総研専門調査員によるヒアリング及び関連文献、データベース活用による調査・分析
【調査期間】
2016年6月~9月



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5