記事種別

人工知能SENSY、IBM Watsonを活用したチャットボットのβ版をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/11/21 15:00

 人工知能「SENSY」を開発するカラフル・ボードは、ソフトバンクが日本アイ・ビー・エムと共同で構築・提供する「IBM Watsonエコシステムプログラム」の初期エコシステムパートナーとして、「IBM Watson日本語版」を活用したチャットボット「SENSY bot」のβ版をリリースした。

 人工知能「SENSY」を開発するカラフル・ボードは、ソフトバンクが日本アイ・ビー・エムと共同で構築・提供する「IBM Watsonエコシステムプログラム」の初期エコシステムパートナーとして、「IBM Watson日本語版」を活用したチャットボット「SENSY bot」のβ版をリリースした。

 SENSY bot β版では、IBM Watson日本語版のAPIの一つである、NLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)を利用し、ユーザーの発言や行動から好みを理解していく対話エンジンとして、ユーザー1人ひとりの好みに合わせたレストランを案内する。

 今回のβ版でリリースされた、Facebook Messenger上で「東京のレストラン案内」を行う機能の詳細は、以下のとおり。

1. ユーザーの好みを学習

 好きな食べ物や、行きつけのレストランなどを覚えさせることで、パーソナルAIがユーザーの好みを学習する。

2.SENSY botに相談

 食べたいメニューや、場所、シーンなどをSENSY botに話しかけると、AIがユーザーの味覚やレストラン選びの基準を学習し、ユーザーとのマッチ度を点数化。ランキング形式で並び替え、オススメポイントと併せて提案する。さらにマップで絞り込むこともでき、条件変更にも対応可能だ。

3. レストランが決まったら、「ここにする」で伝える

 行きたいレストランを見つけた場合「ここにする」ボタン押すことで、SENSY botはその都度ユーザーの好みを学習する。

4. ユーザーごとにAIが育つ

 SENSY botは、初期設定では簡単な質問にしか答えられないが、ユーザーとの会話を通じて言葉を学習していく。今後、ユーザーが育てたbotは、他人と会話させることができるようになる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5