記事種別

KARTE、サイト上でゲーム要素を簡単に導⼊できるサービスを開始ーQVCジャパンが導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/10 14:00

 プレイドの接客プラットフォーム「KARTE」が、ゲーム要素を簡単に導入できるサービスを開始した。クリスマスやお正月といった特別なイベントなどで、来訪者を楽しませるコンテンツを提供することが可能となる。同サービスは、QVCジャパンも導入し、11月1日より「ラッキーくじ」の提供を開始した。

 プレイドの接客プラットフォーム「KARTE(カルテ)」が、クリスマスやお正月といったシーズンイベントでの利用を視野に、くじ引きや診断系コンテンツなどのゲーム要素を簡単に導入できるサービスを開始した。

ゲーム機能表示のサンプル

 本サービスを利用すれば、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、くじ引き・診断系コンテンツ・クイズ・連続ログインボーナスなどで、来訪者に楽しんでもらいながらのショッピングを提供できる。画像のパーツやテキストも自由に変更可能で、ショップに応じたコンテンツを作成可能だ。

 KARTEでは、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信なども行うことができる。

 なお、本サービスはQVCジャパンも導入。同社が運営するテレビショッピングの通販サイト「QVC.jp」において、11月1日からKARTEを活用した「ラッキーくじ」の提供を開始。11月30日まで、毎日1回だけ引けるくじとなっており、最大30万円が当たるほか、3種類のクーポンと、はずれが用意されている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

この記事もオススメ


2015年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5