記事種別

「知っているようで知らない」 ECのためのデータベースを1から学ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 ある程度規模の大きなECサイトを運営するためには、必要不可欠な存在であるデータベース。本連載では、日頃無意識にデータベースに触れているEC事業者の方や、自社ECサイト立ち上げのためデータベースを構築する必要がある方を対象に、ECのためのデータベースを1から解説します。初回である今回は、データベースとは何かについてです。

電話帳、電子カルテ……身近な所にもデータベースは溢れている

 ECサイトを運営していると、月次の売上金額や商品別の売上金額を集計する機会が多くあるだろう。受注情報を一件ずつ確認すれば手作業でも可能だろうが、データベースを活用することで、非常に短時間で正確に集計を行うことが可能だ。

 また、集計した情報を活用することで、ECサイトに商品の売り上げランキング表示させることもできる。その他にも会員の管理や商品のレビューなど、ECの多くの機能は背後にデータベースがあることによって成り立っている。では、データベースとはそもそもどういったものなのだろうか?

 データベースを直訳すると「情報基盤」となる。データを目的ごとに整理・統合・格納し、活用・分析・更新しやすくした仕組みで、端的に言えばデータベースとはデータを整理した集合だ。

 身近にあるデータベースの例を挙げよう。電話帳、病院の電子カルテ、Googleなどの検索エンジン、電車や映画館の座席予約システム等々。私たちが暮らす社会には、データベースが溢れている。それだけ浸透しているのは、データベースを構築すること、すなわちデータをデータベースに整理することで大きなメリットがもたらされるからに他ならない

 メリットは大きくふたつある。ひとつはデータベースの管理システムを使うことでデータを一元的に管理でき、なおかつ整合性がとれること。データは正確かつ矛盾があってはいけないので、整合性が取れていなければならないからだ。ふたつめはデータの取り扱いが簡単で加工しやすく、必要な時に必要な情報を取り出せることだ。これらは、商品情報や顧客情報など多くのデータを扱うECにとっても、メリットとなる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

この記事もオススメ

2015年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5