記事種別

制作実績約1,000点!売れるネット広告社が実践している、勝ち続けるLPディレクション「7つの鉄則」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 “売れる”ランディングページで知られる売れるネット広告社で、制作実績約1,000点を誇る福本朋哉さんが、時代を経ても変わらない、勝ち続けるLPをディレクションするための「7つの鉄則」を大公開します。

制作したLP約1,000点!売れるページを作る7つの鉄則

 私はこれまで、ディレクター/プロデューサーとして、A/Bテスト用の派生版なども含めれば、1,000点近くのランディングページの制作にかかわってきました。

 ランディングページを作り始める前までは、コーポレートサイトやプロダクトサイト、ECサイト、メディアサイトなど、いわゆる「普通のサイト」の制作キャリアを積み、それなりに経験を重ねていました。しかし、ランディングページをつくりはじめた時、何度も戸惑い、何度もつまずくことになったのです。

 その理由は、「普通のサイト」をディレクションすることと、“売れる”ランディングページをディレクションすることには大きな違いがあったから。その違いに気づき、意識を変えてから、ランディングページを作ることが、とても楽しいものになりました。

 ここでは、“売れる”ランディングページを制作したい担当者の方向けに「普通のサイト」制作とは違う点、知っておくべき鉄則7つの鉄則を紹介していきます。

勝ち続けるLPディレクション7つの鉄則

  • 鉄則1:進行管理担当者に甘んじるべからず
  • 鉄則2:A/Bテストを信奉するべし
  • 鉄則3:商品と向き合え
  • 鉄則4:アクセスログ解析よりも、まずコンバージョンをチェック
  • 鉄則5:広告のトラフィックを侮るべからず
  • 鉄則6:”売れる”システム/エンジニアを見つけるべし
  • 鉄則7:“最強の売れる制作チーム”を構築するべし

鉄則1:進行管理担当者に甘んじるべからず

 「普通のサイト」制作においてWebディレクターは、コンテンツを見やすく、わかりやすくレイアウトし(デザインし)、Webテクノロジーを使って閲覧可能にする(コーディングする)、という制作過程を管理するのが主たる業務です。いわば、デザインと技術部門における進行管理担当者と言えます。

 一方で、ランディングページのディレクションで求められるのは、より直接的に成果を上げるため「ネットの売り場作り」全般に責任を持つことです。

  • 商品ごとの特徴や売りかたをしっかりと理解し、最適なコピーライティングでコンテンツを準備する
  • より“売れる”仕組みを作り上げる
  • 【A/Bテスト】を繰り返して、より成果の上がる施策や表現を取り入れる

 これらを不断なく、行い続けるのがランディングページディレクターの仕事です。

 ランディングページは”売れる”ことが至上命題。そのためには、自分を単なる進行管理担当者と思わずに、“どうすれば売れるのか”を常に考え続けることが必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

この記事もオススメ

2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5