記事種別

小手先のテクニックなんて鎮痛剤。本当に売れるLPに必要なことをコマースデザインさんと語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/07/28 08:00

運営堂の森野さんが日々の情報収集で気になったことをインタビューしていきます。今回はコマースデザインの坂本さんと川村さんにずっと買い続けてもらえるLPについてお聞きしました。

 コマースデザインの坂本さんと川村さんは、ネットショップコンサルとして活躍されており、EC業界では有名な「黄色本」の著者でもあります。そのおふたりに商品の売り出しかたをお聞きしたのですが、内容はLPやキャッチコピーの作りかたへと広がっていきました。

コピーはきれいすぎてどこにも引っかからないのが最悪

左から、運営堂・森野さん、コマースデザイン・川村さん、コマースデザイン・坂本さん

森野 ネットでの商品の売りかたっていろいろあると思うのですが、これをやってはいけない!といったものはあるのでしょうか? 商品画像が暗いとか、説明文が短いとか、基本的な部分は抜きにしてです。

坂本 中身のない言葉、たとえば「こだわり」と書くのはNGです。川村はこういう連載をやっていて、「こだわり」と書くなって言うんですよね。いわゆる紋切り型はやめようと。こだわりって書いて、表現したつもりになってないかと。

川村 こだわり撲滅委員会です。

坂本 新人社員がうっかり「こだわりの……」と言うと、社内がザワッとするんですよ(笑)。

森野 こういった考えかたって苦手な人が多いですよね。

川村 「真心込めたとか匠の味」のとかすぐに浮かぶじゃないですか。10個くらい。でも何味か、わからない。それって中身はなんでしょう?っていう疑問しかない。

森野 ああ……。商品を高く見せたい時に使うやつですね……。で、黒とか茶色系のページになって明朝体のコピー。

坂本 僕は大学時代のゼミの先生が、読売新聞記者出身の先生だったんですけど、「『列島に激震』『唇を噛んだ』などの紋切り型フレーズを安易に使うな」と言っていました。そのフレーズを初めて考え出した記者はすごいですけど、何でもかんでもに当てはめると、きれいすぎてどこにも引っかからなくなるんですよね。

川村 病院で流れるオルゴールのインストゥルメンタルの音楽のようですよね。

森野 ないと寂しい感じがするけどあっても頭に残らない、なるほど。スーパーの歌があるじゃないですか。こっちは意外と頭に残りますよね。私の地元で言えばヨシヅヤの歌とか。

川村 ドンキの歌みたいなのですよね。

坂本 まあ、あれは突っ込まれビリティっとも言えますけどね。突っ込まれることでレスポンスを得ていく。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:運営堂がゆくEC業界対談

もっと読む

2015年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5