記事種別

ユーザーは直観的に判断して退店している!「ナナメ読み」SEMと「ありそう感」LPO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

CVRの向上をキホンに、ネットショップのコンサルティングを行うA-Commerceの笹本さんによる、ECに関するコラムをお届けします。今回は、SEMとLPOがテーマですが、「ナナメ読み」と「ありそう感」という、ちょっと違った切り口からお届けします。

超ナナメ読み!で、あなたのショップは判断されている

 仮に「みかん」というコトバで検索して、出てきたキーワード広告をクリックしたら「りんご」のページだったとします。この時検索ユーザーは、即座に「見るべき価値がないサイト」と判断し検索結果のページに戻り、次の「じっくり見るべき」(であろう)サイトを探し始めます。読者の皆さんのほとんどが、同じような行動をとるのではないでしょうか。

 もう少し言えば最初のクリックは、検索結果のサイト説明文を「ほぼ直観的」に「=超ナナメ読み状態」で「=テキト~」に判断し...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • 超ナナメ読み!で、あなたのショップは判断されている
  • 直観的な離脱に影響する「色」、勘とセンスで選んでいないか
  • LPOに必要なのは、直観的な「ありそうだ感」
  • 「カワイイ」と「エレガント」 LPのフォントは明朝あり?
  • LPOの「ありそうだ感」を突き詰めると、ペルソナ・マーケティングにつながる
  • まとめ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 有限会社A-コマース 取締役社長 笹本 克(ササモト カツ)

    ECコンサルタント&プランナー、(社)日本ECコンサルタント協会(JECCICA)客員講師。コンサルタントおよびWEBプロデューサーとして全国各地で有名ネットショップを輩出。クライアントや講座受講生には、オンラインショッピング大賞の受賞ショップも複数存在。上場企業から中小企業、通販サイトはもとより、製造業やサービス業を含め、コンサルティングサイトの累計は約600社、多岐に渡る業種で大きな成果を出している。 ま...

バックナンバー

連載:みんなでA-Commerce(Aグレードコマース)

もっと読む

この記事もオススメ

2014年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5