記事種別

データフィード専門会社設立のマイクロアドが語る、フィード広告によるECサイト売上アップ術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/15 08:00

2015年11月10日(火)にナレッジキャピタル カンファレンスルームで開催した「ECzine Day 2015 OSAKA」のセミナーレポートをお届けします。マイクロアド井上さんが「~今流行りの広告とは?~ 話題のデータフィードを活用した売上UP術とちょっと未来の話」と題し、講演しました。

伸びるネット広告のうち、3割をしめるフィード広告とは

株式会社マイクロアド DF事業部 事業責任者 井上茂樹さん

 イベント翌日に、データフィード専門の新会社「MicroAd DFs」設立を控えていた、マイクロアド。同社DF事業部 事業責任者の井上さんは、まずフィード広告の市場規模を説明するところから、講演を始めた。

 「この図は、インターネット広告費の伸びを表しているものですが、そのうちフィード広告が占める割合は、2013年が10%、2014年が20%、2015年は30%と伸び続けています。当社のDSP『MicroAd BLADE』で配信している広告も、20~30%はフィードを使っており、もはやフィード広告は、インターネット広告において欠かせないものになっています」

 通常の静止画広告よりも、フィードを活用したダイナミックリターゲティング広告は、CVRやCTRといった数値が良好だと言う。媒体にもよるが、平均してPCが0.3~0.5%、スマートフォンが0.2~0.5%といったところ。業種では、とくにEC、人材、不動産といった商品数の多い広告主で効果を発揮している。

 それではそもそも、データフィードとは何なのか。マイクロアドでは、「商品データベースの分身」と定義。具体的には、膨大な商品データを各広告媒体のフォーマットにあわせて成形する仕組みだ。マイクロアドでは、「SKY」というツールを開発し、フィードの生成や加工を無料で請け負っている。

 「広告主様のなかには、自社でフィードを管理していらっしゃるところもありますが、非常に手間がかかります。そこで、間に入ってデータフィードを作成する『SKY』のようなサービスが増えているわけです」

 データフィードの作成方法は2つ。「商品マスタデータ接続」と「サイトクローリング」だ。後者のサイトクローリングに関しては、サイト上から商品名、価格、画像URLといった広告配信に必要な情報を抜き出していくというもの。

 「商品点数が30~100万点ほどお持ちのサイトの場合、クローリングの際にサーバへの負荷がかかります。その場合には、商品データベースに直接アクセスさせていただくほうが、安全かなと思います。 難しい場合は、夜中の1~4時など、アクセスが少ない時間帯に行うようにしています」

 商品マスタやECサイト上で変化があれば、データフィードも随時更新される必要がある。データフィードの運用において、井上さんは以下3つが非常に重要だという。

フィード運用で重要な3つのポイント

  • 正確さ……サイトの情報とフィードの内容に誤りはないか
  • 更新……都度更新し、在庫切れ等が配信されてないか
  • 鮮度……新商品が反映され、ユーザーに届けられているか

 さらに、広告配信であるから、必要最低限の情報以外にもちょっとしたアクセントになる情報も欲しいところ。

 「カスタム1、カスタム2といった具合に、情報を追加することも可能です。そういった欄に、『大感謝祭実施中』であるとか、『1万円以上購入で送料無料』といった情報を組み込んでいくことも、広告配信においては重要だと考えます」

 こうしてデータフィードが整ったところで、いよいよフィード広告の配信である。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:ECzine Day 地方キャラバンイベントレポート

この記事もオススメ

2015年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5