記事種別

楽天市場、PC版トップページリニューアルのポイントとショップがとるべき対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

EC業界歴17年の著者が、今日からできるノウハウをお届けします。第7回は、PC版のトップページがリニューアルした楽天市場! そのポイントと、出店ショップがとるべき対策をお届けします。

楽天PC版トップリニューアル、ポイントととるべき対策

 楽天市場のパソコン版のトップページがこの8月にリニューアルしました。約4年ぶりとのことです。

 もはや、アクセスや売上の50%がスマートフォン経由となったこの時代に、パソコン版のトップページのコンテンツやその配列が良いか悪いかなど、評論することにあまり意味がないと思いますので、ここでは、楽天ショップの運営者が理解しておくべき、ポイントを説明したいと思います。

主流の横幅1,280px以上に対応

 今回のトップページのリニューアルに伴い、幅100%から1440px以上だと、両端にマージンのあるデザインに変更になりました。

 StartCounterのデータによると、直近のデスクトップパソコンの解像度の主流は、横幅1280px以上となります。

StartCounter 2015年8月のデスクトップパソコンの解像度トップ10

 1280pxより解像度が高くても低くても、表示されるバナーの数が5個から±1個と変化し、バナーのデザインも最適化されるよう工夫されています。

1440x900の場合:バナーが6つ

1280*800の場合:バナーが5つ

1024*768の場合:バナーが4つ

 古くから楽天市場に出店されているショップのトップページは、まだまだ1024pxより幅の狭いデザインも見受けられますが、楽天市場のトップページとあわせて、ショップのトップページや商品ページも1280pxを基準に見直していく必要があると言えるでしょう。

 たとえば、楽天ショップでよく利用される両サイドに縦帯を表示する場合は、バナーサイズを想定して、1152〜1024px程度で作成するのがよいかと思います。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:清水将平の今日からできるEC運営のコツ

もっと読む

2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5