記事種別

かっこよさより売りにつながる名前を 三大モールで検索にも影響する賢い店舗名のつけかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

EC運営、次のステップに進みたい人へ。今回は、三大モールにおけるネットショップの「店舗名」のつけかたをお届けします。

売りにつながる、有益なネットショップの「店舗名」とは

 ネットショップの店舗名を決める際、多くの人が悩むのは、「しゃれた、かっこいい名前」を探し求めているからではないでしょうか。しかしながらネットショップの場合、かっこよさよりも、売りにつながる有益な店舗名をつけることが重要です。

 これまで、各モールで売れる「商品名のつけかた」「メイン商品画像」についてお話ししてきましたが、今回は「賢い店舗名の付けかた」についてお届けします。

 売りにつながる有益な店舗名とは、ずばり、「覚えてもらいやすい、短い店舗名」です。こう言ってしまうと、「なんだ、そんなことか」と思われがちですが、意外とこれができていません。

 たとえば、TV番組などで商品が紹介された場合に、店舗名が長かったり、英語表記だったり、読みにくい漢字だったらどうでしょう。お客様が検索するのにひと苦労ですし、覚えてもらいにくいので、リピートにもつながりにくいはずです。短く、覚えやすいのが一番です。

 また、テクニック的な問題もあります。これは、メーカーで卸も直販も行っているショップにありがちなのですが、自店舗名でモール内検索をしても、自店舗よりも卸先のほうが上に出る場合があります。これは、卸先の店舗が、商品名にあなたの店舗名を入れ込んでいるからです。

 具体例を出して説明します。あなたの会社が、人気商品「翔泳まんじゅう」を作っている「イーシージン屋」だとしましょう。「イーシージン屋」でモール内検索しても、卸先のネットショップ「マーケジン屋」のほうが上に出てしまう場合は、「マーケジン屋」が商品名を登録する際に、「人気 しょうえい屋のイーシージンまんじゅう」等と登録しているからです。人気商品で店舗名が知られているほど、こうしたことは起きてきます。

 それなら、「自社でもすべての商品名に店舗名を入れればいい」と思われるかもしれませんが、それだけですべては解決しません。各モールごと、商品タイトルには文字数制限がありますし、商品名が長くなると、重要なキーワードで検索順位が下がってしまうことがあるからです。

 以上踏まえ、店舗名つけかたのポイントをまとめます。

売りにつながるネットショップ店舗名のつけかた

  • 読みの難しい漢字は使わない
  • 検索するうえで重要な屋号を明確にする
  • 覚えやすい店舗名にする
  • 英文字は避ける
  • 可能な限り店舗名の文字数は少なくする

 以上を踏まえたうえで、それぞれのモールのガイドラインに従う必要があります。次ページから、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonにおける店舗名ガイドラインを見ていきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:EC運営、次のステップ

もっと読む

この記事もオススメ

2016年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5