記事種別

楽天、Amazon、Y!ショッピングでの対策は? 商品画像でスマホの売上げを伸ばそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

EC運営、次のステップに進みたい人へ。今回は、ショッピングモールでのスマホ対策をお届けします。

モールへのスマホ対策は、縦横等倍のわかりやすい商品画像

 楽天市場やYahoo! ショッピングの出品者から「スマホの売上げシェアが多くなってきた」という声をよく聞きます。モールのアクセス解析ページでは、iPadなどのタブレットはPCに分類されており、ガラケーからのアクセスは減少傾向にあるため、PCとスマホで二分されているのが現状でしょう。

 ショッピングモールのスマホページはデバイスの構造上、細い縦長で全体像を表現するのは難しいです。また、Amazonについては、スマホでのお買い物=アプリでのお買い物という傾向になっているため、出品者が工夫できる範囲も限られています。

 共通して重要なのは「商品画像」です。商品に興味を持ってもらえるような、わかりやすい画像を、縦横等倍で作るようにしてください。

Amazonの例

 以下に、楽天市場とYahoo!ショッピングのスマホ商品情報作成のポイントをまとめます。

楽天市場スマホページのポイント

 スマートフォン用カテゴリページ、商品ページそれぞれで共通説明文、共通バナーなどの設定があり、トップページも含め、デザインのカスタマイズできるのが楽天市場の特徴です。

1.スマートフォン用トップページの編集

  1. スマートフォン用店舗看板設置
  2. スマートフォン用目玉商品を並べる
  3. 共通バナー(大バナー画像)
  4. 共通バナー(小バナー画像)
  5. スマートフォン用トップ説明文(使用HTMLタグ制限あり)

2.スマートフォン用カテゴリページの設定(全て共通)

  1. カテゴリページ共通説明文
  2. 大バナー・小バナー
  3. 共通バナー(大バナー画像)
  4. 営業日カレンダー

※カテゴリに並ぶ商品の並び順はPCカテゴリの優先度(表示順序)

3.スマートフォン用商品ページの設定(全て共通)

  1. 商品ページ共通説明文
  2. 大バナー・小バナー
  3. 共通バナー(大バナー画像)
  4. 営業日カレンダー

4.スマートフォン用商品説明文の編集

※文字数5120バイト/空欄可/楽天内検索対象

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:EC運営、次のステップ

もっと読む

2015年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5