記事種別

新しい「小さな荷物」配送サービスを賢く使う 楽天、Y!ショッピング、Amazonの設定裏ワザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

EC運営、次のステップに進みたい人へ。今回は、4月から始まるヤマト運輸の新サービスなどを、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonの三大モールで賢く使う方法をお届けします。

小さな荷物向け、ヤマトの新しい配送サービスを賢く使うには

 インターネットで買い物をする場合、送料は購入を決定させる大きな要素です。「どうしてもこの商品が今すぐ必要」などの事情がない限り、送料を含めた商品の購入コストを考えてしまいます。

 Amazonが好調に流通額を上げている理由に、「プライム会員は配送料無料、お急ぎ便無料で利用可能」があり、全体に「Am...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • 小さな荷物向け、ヤマトの新しい配送サービスを賢く使うには
  • 楽天市場:「送料区分1」に新サービスを追加、あらかじめ設定
  • 1.「基本情報設定」>「配送方法」>「その他配送方法1」を編集
  • 2.「その他配送方法1」と「送料区分」を編集
  • 3.新たに採用する、小さい荷物向け新しいサービスを追加
  • 4.配送サービスごとに料金を入力
  • 5.該当する商品の「送料」「送料区分1」を設定 新サービスを選ぶ
  • Yahoo!ショピングは「重さ別送料」から減額する
  • 1.「複合条件合算モード」>「宅配便」>「送料」
  • 2.「重さ別送料」設定
  • 「商品ページ編集」>「販売用情報」>「送料、その他」>「重量」
  • AmazonはExcelをアップロードして設定
  • 1.「設定」>「配送設定」>「購入金額制で設定した配送料」
  • 2.商品別に「配送料上書きファイル」を作成




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:EC運営、次のステップ

もっと読む

この記事もオススメ

2014年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5