記事種別

LINE Ads Platformに、ブランド企業向けメニューがふたつ登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/07/13 09:30

 運⽤型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」に2つのオプションメ ニューが追加。「リーチ&フリークエンシー」「ブランドリフトサーベイ」の提供が始まった。

 「リーチ&フリークエンシー」は、当該オプションメニューを適⽤したLINE Ads Platformの広告配信において、1ユ ーザーあたりの広告表⽰回数(フリークエンシー)の上限設定をしつつ、通常配信よりも優先的に広告配信ができるというもの。

 短期間に多くのユーザーに広告を接触させることができ、より計画的かつ⼤規模なプロモーションが可能になる。リーチの最⼤化を狙う、ブランド広告企業向けのオプションメニュー。

 「ブランドリフトサーベイ」は、LINE Ads Platformの広告配信と併せて、その広告接触の有無でユーザーを分類抽出し、それぞれのユーザーに対し、連携する調査会社によるブランドリフト調査を⾏い、広告効果を測定することができるというもの。

 該当広告への接触者と⾮接触者に対し、広告認知度やブランド認知度・利⽤経験・好意度・利⽤意向などの項⽬を設定し調査することで、正確に広告効果を把握しその後のマーケティング活動に活かすことができる。

 LINE Ads Platformは、LINEやLINE関連サービスを対象に配信できる運用型広告。2017年1⽉末時点で、1,000以上の企業・ブランドに利⽤されている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2013年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5