記事種別

ドコモ、表形式データからチャットボットを自動作成するツールを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/05/19 18:15

 NTTドコモが、表形式のデータからチャットボットを自動作成するツールを開発。ここで言うチャットボットとは、顧客の問い合わせに人工知能(AI)が回答するプログラムを指す。

 従来、チャットボットサービス提供者は1つひとつ、質問と回答を組み立てるフローチャート形式などでチャットボットを作成しており、作成・維持管理コストが非常にかかるという課題があった。本ツールを利用すると、チャットボットの回答とその回答を導くために必要なキーワードをまとめた表形式のデータを準備するだけで、チャットボットを自動作成することが可能になる。

 本ツールは、2017年5月19日~7月31日まで、ABC Cooking Studioの「献立チャットボット」サービスに活用され、モニター向けにトライアル提供される。「献立チャットボット」サービスはコミュニケーションアプリ「LINE」と連携、モニターが冷蔵庫にある食材をLINEのABCクッキングスタジオの献立チャットボットアカウントに入力すると、レシピ(料理名)を提案するサービス。

 「献立チャットボット」サービスは、ABCクッキングスタジオが提案するレシピとそのレシピを導くために必要な食材など約1,400個のキーワードを表形式で作成し、ドコモのチャットボット自動生成ツールを用いて自動作成された。なお、本サービスはチャットボットAPI作成プラットフォーム「Repl-AI(レプルエーアイ)」で提供されるLINE連携機能を活用している。

 ドコモは、本トライアルを通じて得られたチャットボットの対話ログを分析することで、課題点などを明確化し、チャットボットの回答精度向上を図る。また、2017年度内(予定)に本ツールの商用化により、企業における顧客応対やコールセンターなどでのチャットボット導入を目指す。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2016年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5