記事種別

電通デジタルとシナラ、実店舗送客・購買へのオンライン施策効果を測定するサービスを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/03/07 13:00

 電通デジタルは、位置情報を活用したマーケティングプラットフォームを保有するインターネット広告事業者シナラシステムズジャパンと協業。ウェブ広告への接触や自社サイトへの来訪などオンライン上の顧客行動が、店舗への来店・購買に与える効果を包括測定するサービスを開発し、提供を開始した。

 本サービスでは、匿名化した個別の顧客単位でオンラインと店舗を横断した広範囲・ 高品質な行動データの計測を実現。テストマーケティングとして、大手自動車および消費財メーカーにて試験導入をし、取得デー タの精度の高さが実証されているとのこと。

 これまで、最終的に店舗で購買が完結する業態のクライアント企業からは、 オンラインと店舗の顧客行動を紐づけできる、包括的なコミュニケーション効果の測定が強く求められていたが、既存の手法では難しかたとのこと。

 新サービスでは、タグを埋め込むことが可能なすべてのオンライン上の行動を横断して計測し、店舗への来店データを十分に匿名化した上で個別の顧客単位で連結することを可能にした。顧客の来店行動の計測には、シナラのパートナー企業が持つ大量のWi-Fiデータを用い、シナラ独自の検知技術で信頼性の低いデータを排除することで、量と質の両 面で高いデータ品質を実現している。

 電通デジタルとシナラはこれらの行動データの分析を通じ、店舗への来店促進に効果的な ウェブ広告の検証や、来店貢献効果のモデル化に向けた取り組みを進めるとともに、位置情報データを用いたこれまでにないソリューションの開発を推進していくとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

この記事もオススメ


2015年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5