記事種別

大塚家具、千葉の新店舗に3DシミュレーターとARによる3Dコーディネートサービス初導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/09/20 11:00

 大塚家具は、千葉県船橋市に6年ぶりに出店。新戦略店舗の第一号店となる「IDC OTSUKA 南船橋店」では、新たなサービスも導入している。

 大塚家具は、千葉県船橋市の商業施設ビビット南船橋2階に「IDC OTSUKA 南船橋店」を9月15日、オープンした。千葉県内への出店は、契約期間満了に伴い2010年に閉店した幕張ショールーム以来で、6年ぶり。

 「IDC OTSUKA 南船橋店」は売場面積約4,600平方メートルで、8月に発表した新店舗戦略における「標準店」、すなわち「利用者が快適に見ることができる規模で、品揃えの豊富さも楽しめる3,000~7,000平方メートルの新大型店の第一号となる。

 同店では接客シーンや場所を選ばず、よりわかりやすく最適な提案を行うため、3DシミュレーターとAR(拡張現実)による3Dコーディネートサービスをはじめて導入。スタッフがiPadでコーディネート提案する。

 一般のiPad、およびスマートフォンユーザーもこれらのアプリをアプリケーション配信サイトよりダウンロードして、コーディネートを手軽に楽しむことが可能。今回のサービス開始時点で登録された商品は約500点で、今後も商品を順次追加し、2018年までに2,000点規模にしていく予定だ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2014年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5