記事種別

お客様に話しかける最適なタイミングも導き出す 実店舗分析ツール「RetailNext」インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/12/26 08:00

 運営堂の森野さんが日々の情報収集で気になったことをインタビューしていきます。今回は、実店舗分析ツールを提供する、RetailNextの前田さんにサービスの詳細と店舗分析の最先端をお聞きします。

実店舗もEコマースのように分析できる!RetailNextインタビュー

 店舗分析の第2弾は、海外で300社以上の導入実績を誇るRetailNextさんです。3Dカメラを用いて属性分析もできる、高性能ツールの詳細をお聞きしました。

写真左がRetailNextの前田さん。写真右が筆者・森野さん

森野(運営堂) RetailNextさんの店舗分析のツールはいったい何ができるのか、まずはそのあたりのことをお教えください。

前田(RetailNext) ひとことで申しますと、Eコマースの分析手法を実店舗に適用することを目的としたソリューションです。たとえば、Eコマースであれば1日にどれだけの人数がページに訪れ、どのページをどの程度の時間をかけて閲覧し、何を買った・買わなかったといったデータを正確にとったうえで、改善していくと思います。しかし、実店舗に関しては、売上やお客様の満足度を上げたいと思っても、何をするべきかを測る指標が比較的少ないと思います。そこにフォーカスを当てたのが当社のソリューションです。

具体的には、センサーあるいはカメラを設置し、お客様が1日にどれくらい来店したかというデータを取ります。販売員などのスタッフデータを区別するテクノロジーも採用(※)しているため、純粋な「お客様の入店数」を取得することができます。そこからPOSデータと紐づけ、入ってきたお客様の何%が購入に至ったかというコンバージョンを出します。ヒートマップのように、どのゾーンによくお客様が来られ、どのゾーンがデッドスペースになっているかといったような情報収集も行えます。

※スタッフの行動に関するデータは別途取得可能

森野(運営堂) 入店数に加え、性別や年齢といった属性のデータも取れるということですね。お客様とスタッフを判別できる機能は、接客の改善に効果を発揮しそうです。新規/リピートといったこともわかるのでしょうか。

前田(RetailNext) そうですね。入店数は絶対値、新規・リピーターは割合値です。

森野(運営堂) データの反映は、リアルタイムなのか何時間後なのか、どれくらいのスパンになるのでしょう。

前田(RetailNext) ほぼリアルタイムです。時間別に入店数を確認し、入店率が低めのところにヘルプを出そうといった施策も行えます。 

森野(運営堂) カメラを設置しないといけないと思うのですが、計測専用カメラを用意しないといけないのでしょうか。

前田(RetailNext) カメラ自体は、IPカメラであればほぼ対応可能です。その他、当社で用意している「Aurora(オーロラ)」というセンサーであれば、店内にサーバーを立てる必要がなく、センサー内で映像からデータ抽出を行うことが可能です。

RetailNext社のカメラ「Aurora(オーロラ)」

森野(運営堂) Auroraは、通常の監視カメラのようにも使えるんですか?

前田(RetailNext) はい。セールスエリアでの防犯、レジ周りでの不正防止にも活用されています。つまり、お客様を分析して売上を上げるのと同時に、防犯や不正防止でマイナスを避けられる。両面から、利益アップにつなげられるというわけです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:運営堂がゆくEC業界対談

もっと読む

2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5