記事種別

Amazon Prime Nowの新倉庫に潜入! 1時間配送実現のカギは都市部の小型倉庫にあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/25 08:00

 Amazonは2016年11月15日(火)、国内5つ目となるPrime Now専用倉庫の稼働を開始した。これにより、Prime Nowの対応エリアが東京23区全区に広がった。今回は、東京都豊島区にある新倉庫を見学。注文後1時間で商品を届けるという驚異的なサービスがいかに実現されているか、その仕組みに迫るレポートをお届けする。

1時間配送実現のポイントは、都市部に専用倉庫があること

 まずはPrime Nowの最新状況と新倉庫の特徴について、アマゾンジャパン Prime Now事業部 事業部長の永妻玲子氏より説明があった。

 「Prime Nowは、ご注文いただいた商品を最短1時間でお届けするサービスで、現在は7ヵ国45都市で展開しています。...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • 1時間配送実現のポイントは、都市部に専用倉庫があること
  • サービス開始から1年。取扱商品は3.5倍以上に
  • いよいよ潜入! Prime Now専用倉庫を大公開
  • Prime Nowの今後は?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ECzine編集部 岩瀬 裕真(イワセ ユウマ)

    福岡県出身。韓国釜慶大学を卒業後、メーカーの海外貿易担当を経てEC業界へ。 リユース商品の買取、販売や、越境ECモール立ち上げに携わった後、2016年10月、翔泳社に入社。 ECzine編集部に配属される。 元EC事業者として、運営側目線での記事をお届けします!

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

この記事もオススメ

2017年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5