記事種別

ファーストビュー神話崩壊か
女性向けアパレル「fifth」スマホECの斬新すぎる設計に注目 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

女性向けアパレルEC「fifth」(運営:株式会社CODE SHARE)では、パソコンサイトや従来のモバイルサイト設計とは明らかに違う、スマホECサイトならではのユーザビリティを追求しています。

fifthのスマホECから、モバイルのファーストビューを再定義

 女性向けアパレルEC「fifth」のスマホECサイトでは、表示領域の半分以上を1枚のブランド写真が埋めています。

 従来のモバイルサイト設計では、ファーストビューが「命」で一切の無駄を排除し、一瞬でユーザーに「何ができるサイトなのか」を伝える必要がありました。具体的には、ユーザー利益(3,000円以上で送料無料etc)や信頼性(○○のオフィシャルECですとテキストで書くetc)を狭い表示に詰め込むというものです。

 対してスマホは、通信速度、操作性、表示容量が向上しています。よってビジュアル豊かに画像を並べて、上下スクロールによってサイトの世界観を伝えるファーストビュー設計もあり得るわけです。

 言ってみれば、「もっとも伝えたいこと」はファーストビューで必ずしも伝える必要はなく、ビジュアル訴求による世界観の伝達を優先し、「面白そう」「楽しそう」「欲しい商品がありそう」とサイトに期待させることが重要になっているケースがあると考えます。

 よくできたスマホアプリに説明書が不要なように、購入フローやポリシーページ以外では、スマホユーザーは一字一句テキストは読まず、自分の感覚に従ってページを送るものです。

 また、fifthの場合、商品の価格帯も比較的安価なので、10~20代女性が世代別のメインだと想定すると、日常生活ではスマホしか経験しないユーザーも少なくないと思います。そのため、スマホに特化したユーザビリティの追求ができますし、アパレルなので写真訴求が有効であるという特徴もあるでしょう。

 しかしながら、fifthのスマホECサイトを見て言えることは、ファーストビュー思想にとらわれず、スマホECならではのファーストビューを再考するタイミングなのかもしれないということです。

本コラムの著者・飯野さん登壇!「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」

ECの歴史からデザインまで、12人のその道の専門家・人気講師が集結し、2日をかけてあなたを自社ECのプロにするための土台を作ります。本コラムの著者・飯野さんは、「スマホ売上UPのちょっとしたコツ50連発!」で登壇します。ぜひ、ふるってご参加ください⇒ ★★「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」の詳細・お申込みはこちら★★

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:新・スマホECユーザビリティの極意

もっと読む

2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5