記事種別

多角的な視点で「売れる商品」を見極める 先進的な日系企業が取り組むデータを活用したEC攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/04/24 08:00

 2017年3月17日に行われたECzine Day Springにて、株式会社アドウェイズによる講演が行われた。本講演では、「EC市場で何がどこでどのくらい売れているかわかる 競合と大きく差がつくECビッグデータの活用術とは?」と題して、同社のデータ事業担当執行役員、蘇迭(そ・てつ)氏が行ったセミナーをリポートする。

日中で3万社の利用実績があるEC販売データサービス

 株式会社アドウェイズは、2001年に設立され、2006年に東証マザーズに上場、現在世界11か国に展開している。主力となるインターネット広告事業のほか、近年力を注いでいるのがECビッグデータ事業だ。蘇氏は、2004年に上海の子会社アドウェイズテクノロジーの代表に就任後、最新技術を使った新規事業を手がけ、2009年にECビッグデータサービスを事業化した。現在は、日本と中国におけるECビッグデータ事業を統括している。

株式会社アドウェイズ データ事業担当執行役員 蘇迭氏

 アドウェイズは、EC販売データのサービス「Nint(ニント)」を提供しており、メーカー・小売企業向けの「Nint for Research」、楽天・Yahoo!ショッピング向けの「Nint for Ecommerce」、中国越境EC参入企業向けの「Nint for China」の3種類がある。同社が提供するデータは、ECモールに掲載されている商品ページ、ランキング情報、レビューなどの公開情報を収集し、独自の統計ロジックを掛け合わせたもの。カテゴリーごと、ショップごと、メーカーごと、商品ごとなどの売上推計を顧客に提供する。日本では楽天、Amazon、Yahoo!ショッピング、中国では天猫、淘宝、京東と、越境ECに強いKaolaに対応しており、日本EC市場の約50%、中国の約90%のデータをカバーしている。

 世界のEC市場全体で見ると約30%のカバー率だが、今後はアメリカや他国のデータも含め、5〜7割のデータカバー率を実現したいと考えているという。同社のECビッグデータサービスの利用実績がある企業は、日中合わせて3万社以上にのぼる。

日中を含めたECのビッグデータを構築している

「とくに、中国で真剣にEC展開を考える企業様にとっては、我々のサービスはなくてはならない存在となっている、と言えます」(蘇氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載:ECzine Day 2017 Spring レポート

この記事もオススメ

2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5