記事種別

WatsonとEinsteinがシームレスに連携 IBMとセールスフォースがパートナーシップ発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/03/09 16:00

 IBMとセールスフォース・ドットコムは、AIを活用した共同ソリューションの提供と、企業がよりスマートな意思決定をこれまでより迅速に行うことを支援するためのグローバル戦略パートナーシップを発表。このパートナーシップにより、コグニティブ・プラットフォーム「IBM Watson」とAI機能「Salesforce Einstein」がシームレスに連携し、セールス、サービス、マーケティング、コマースなどを横断する、新しいレベルのインテリジェントな顧客とのエンゲージメントを実現するとのこと。

 今回のパートナーシップにより、Watsonからの新しいインサイトをSalesforceのIntelligent Customer Success Platformに直接取り込んだり、Salesforce Einsteinから得られる顧客に関する深いインサイトと、多くの情報源および天候、ヘルスケア、金融サービス、小売などの業界にまたがるWatsonの構造化データおよび非構造化データを組み合わせることができるようになる。

 WatsonとEinsteinが一体となって、情報を取り込み、推論し、レコメンデーションを導き出すことにより、意思決定を加速し、より大きなカスタマーサクセスへと導くとのこと。

 最初の取組みとして、IBM Watson APIによりSalesforceと連携することにより、企業内外の非構造化データからの予測的なインサイトと、Salesforce Einsteinがもたらす顧客データからの予測的なインサイトが組み合わせられ、セールス、サービス、マーケティング、コマースなどを横断した、よりスマートで迅速な意思決定を実現。

 たとえば、Watsonの地域的なショッピング・パターン、天候データ、小売業界データと、Salesforce Einsteinの顧客固有のショッピング・データおよび嗜好を組み合わせることで、小売業者は、パーソナライズされ、ローカライズされたキャンペーンメールを買い物客に自動送信するといった施策が可能になる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

この記事もオススメ


2015年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5