記事種別

ラクーン、電通の売上高大幅減の理由とは EC関連企業も続々実施、会計基準の変更に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

アパレルや雑貨の取扱いサイト「スーパーデリバリー」を運営するラクーン(3031)や広告代理店最大手の電通(4324)の14年度売上高が、前年度比で大幅減になった。要因を探ってみる。

卸サイト「スーパーデリバリー」運営会社、売上高ダウンの意味

 ラクーンの主力事業は、会員出展企業1,065社よる掲載商材45.6万点を、会員小売店4.4万店舗に斡旋するという、BtoBサイト「スーパーデリバリー」の運営である(数値は15年4月末現在)。

 アパレル・雑貨メーカーと中小規模小売店の仲立ちであり、メーカーにとっては卸サイト、会員小売店にとっては仕入サイトという...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • 卸サイト「スーパーデリバリー」運営会社、売上高ダウンの意味
  • ラクーンの売上高推移――従来基準と基準変更後
  • 電通の決算に見る、国際基準IFRSとは
  • 電通の売上高推移――IFRS基準と日本基準の対比
  • 電通の13年度決算数値――IFRS基準と日本基準の対比:PL関連
  • 電通の13年度決算数値――IFRS基準と日本基準の対比:BS関連
  • 電通の13年度決算数値――IFRS基準と日本基準の対比:CF関連(「△」は出金超過額)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:EC関連企業の財務状況をきまぐれにチェック

もっと読む

2014年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5