記事種別

Oisixや今半も買える! 生鮮食品を扱う「Amazonフレッシュ」が東京6区域で開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/04/21 17:10

 Amazon.co.jpは、本日4月21日(金)から、生鮮食品を購入できるAmazonプライム会員向けの新たなサービス「Amazonフレッシュ」の提供を開始。

 Amazonフレッシュでは、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品など1万7,000点以上の食料品ほか、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨も取り扱い、合計で10万点以上の商品を購入することができる。

https://www.amazon.co.jp/fresh

 一般的なスーパーで購入できる食品や日用品のほか、人形町今半の精肉、モンシェールで人気のロールケーキ「堂島ロール」、Oisixの有機野菜をはじめとする厳選した野菜や果物などもそろえた。また、契約農園から仕入れた採れたて野菜や、その日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」を週に2回開催予定とのこと。

 サービス開始時の配送対象エリアは、東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)。今後、順次開始予定だそうだ。

 Amazonプライム会員が対象で、30日間の無料体験の後、月額500円(税込)がかかる。Amazon.co.jpのウェブサイトほか、アプリからも利用できる。

 Amazonフレッシュは、2007年に米国シアトルでサービスを開始し、2017年4月現在でニューヨーク、スタンフォード、トレントン、フィラデルフィア、ボストン、ボルティモア、ワシントン市、北バージニア、シカゴ、ダラス、アトランタ、マイアミ、そしてカリフォルニア州の7地域に拡大。英国では、2016年7月にロンドンの一部地域で開始され、現在サリーおよびハンプシャーに拡大している。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2015年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5