記事種別

Instagramは「いいね率」に規則性があり、Twitterは不規則だと判明【SPIRIT調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/10/12 16:00

 LIDDELLが運営する「SPIRIT」は、18,000会員のInstagram、Twitterアカウントを対象に、過去10投稿分の「いいね」に対して調査を実施。フォロワー数と「いいね」の関係性について、調査結果を発表した。

 LIDDELLが運営する、インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT(スピリット)」は、18,000会員のInstagram、Twitterアカウントを対象に、過去10投稿分の「いいね」に対して調査を実施。フォロワー数と「いいね」の関係性について、調査結果を発表した。

Twitterの「いいね率」はフォロワー数と関係ないが、Instagramはフォロワー数と反比例している。

Instagram、Twitterのフォロワー数と「いいね率」のデータ

 Twitterの「いいね率」は、フォロワー数に依存がなくどの層も3%未満となっている。まれに爆発的に拡散される投稿が生まれるため、一部の層で数値が高くなっている。一方、Instagramの「いいね率」は、フォロワー数に反比例しており、これはフォロワーが少ないほど本人とフォロワーの関係が親密であること、フォロー数も少ないことから投稿の見落としが少なく、いいねが分散しないことが要因だと考えられる。

Instagram、Twitter比較。フォロワー数と「いいね率」のデータ

 InstagramとTwitterの「いいね率」の傾向を比較すると、Instagramでは、マイクロインフルエンサーと呼ばれる層のエンゲージメントが高く、Twitterでは「いいね率」に規則性が見えず、全体的にInstagramよりフォロワーのアクションが少なかった。

Instagramで、8,000~30,000フォロワーを持つインスタグラマーの質が高い!

 1,000フォロワー以下では平均「いいね率」が10%を超えているのに対し、30,000フォロワーを超えるインフルエンサーの平均「いいね率」は4%を下回る。それに対し、8,000~30,000フォロワーのマイクロインフルエンサーの「いいね率」は平均約7%と高く、フォロワーからの反応が良いことがわかった。

 企業がInstagramでプロモーションを行う際は、いいね率が高く、投稿画像のクオリティも高いこの層にアプローチすることで、費用対効果を高められる可能性がある。

Twitterは予期せぬ爆発拡散がある。Instagramはある程度事前予測が可能。

 今回の調査で、Twitterは投稿内容に応じて「いいね数」に差が出ることが多く、Instagramは、ある程度「いいね数」を予測することが可能であることがわかった。よってInstagramでは、バイラル的な情報拡散を期待するというより、定常的に世界観を創出していく事が望ましいといえる。Twitterでは、まったく予期せぬ効果が出ることが期待され、時には爆発的に拡散を伸ばす可能性がある。

Instagram、Twitterのフォロワー数と「いいね数」のデータ

 Instagram、Twitterともに、フォロワー数と「いいね数」の関係は比例しており、Instagramの方がフォロワー数に対しての「いいね数」が全体的に多く、反応が良いことがわかった。

【調査概要】
実施時期: 2016年8月~9月
調査手法: 10投稿分の「いいね」をランダムに調査
調査対象: SPIRIT会員18,000人



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5