記事種別

リマケ、ウェブ接客、カゴ落ち 顧客の動線別に見る、コンバージョン率改善のソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/05/13 08:00

ECサイトにおいて、コンバージョン率の改善は永遠のテーマといえます。とくに今は、スマホシフトによる購買過程の変化などでECの仕組みが根本から変わろうとしている只中。今回は、コンバージョン率改善に寄与するソリューションを、顧客が購買に至るまでの過程ごとに順を追ってご紹介したいと思います。

集客段階:リマーケティング広告

 リマーケティング広告とは、一度サイトに訪れた、またはキーワード検索したユーザーなどに向け、最適な広告を表示させる仕組みです。いつも同じ広告が出るため、「ストーカー広告」などと呼ぶ人もいますが、興味関心が高いユーザーに適切に広告を表示する手法は、現在では主流となっています。Googleアドワーズでは2010年から、Yahoo!ディスプレイアドネットワークでは2013年から、このソリューションの提供が開始されました。

 その上で、「顧客の興味関心に応じた広告を自動生成」する「ダイナミックリターゲティング」という技術を保有しているのが、フ...

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • 集客段階:リマーケティング広告
  • サイト訪問段階:離脱防止施策
  • ヘルプデスク(チャットによるコミュニケーション)
  • 割引クーポン、お知らせ機能
  • カートに商品を入れた段階:カゴ落ち防止
  • 完全に離脱したあと:リマーケティングメール
  • その他、CRM的利用を想定したソリューション




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:ECテクノロジー考察 - 技術はECをどう変えるか

この記事もオススメ

2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5