記事種別

これからInstagramを始めるECサイト向け おさえておきたい5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/05/01 08:00

エクシーズのファッションECコンサルタントの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。

「Instagram」これからECサイトが使うなら

 2014年12月に、月間アクティブユーザーが3億人を超えた写真SNS「Instagram(インスタグラム)」。読者の皆さんは、活用されているでしょうか。

 FacebookやTwitterに比べ、エンゲージメント率(ユーザーが積極的な反応を示した割合)が高いことでも非常に注目されています。これまでなかった広告メニューもついに開始されるとのことで、企業利用もさらに加速していきそうです。

 今回は、これから利用するECサイト向けに、おさえておきたいポイントを5つ、ピックアップしました。

1.企業・お店で利用するなら、メールアドレスで

 Instagramには個人・法人の区別がないため、Instagramのサイトから登録すれば利用可能です。申し込みをする際は、個人と区別するためにFacebookアカウントからではなく、メールアドレスで登録しましょう。

2.国内ランキングをチェック

 ユーザーローカルが、Instagramのアカウントランキングを提供しており、国内ユーザー、海外ユーザー、国内企業の上位をチェックすることができます。

 国内企業ランキングを見ると、400位〜500位ではまだ数百フォロー台とまだまだチャンスがありそうな数値です。他社がどのような写真をアップしているのか、ユーザーがどのようなコメントをしているのか、調べてみましょう。

 またこのランキングを見てもMOUSSY、VOGUE、EMODA、SLYとファッション系が上位にあり、ブランディングが重要なファッション・アパレル系と親和性が高いことが伺えます。フォロー数が多い、つまりファッションなどの情報感度が高いユーザーが多いということも言えると思います。

3.写真でストーリーを伝える

 Instagramは徹底的に写真です。写真でストーリーを伝えます。そして量より質が重要です。たくさん投稿すれば良いということもありません。

https://instagram.com/wtaps_dailypics/

 アパレルブランド「WTAPS」のアカウントです。同じアングルでの上半身のコーディネートを見ることが出来ます。アカウント名もdailypicsとなっており、お店に行かなくても今日の着こなしが見られることが伝わり、毎日の更新が楽しみになりそうです。

https://instagram.com/paddlers_coffee/

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:金子洋平のおしゃれEC通信

もっと読む

2016年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5