記事種別

ファッションECのキーワードは「コーディネイト」と「自撮り」 使える6つのサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/12/03 08:00

アパレルネットショップ「101064」を運営するニューエイジの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。

ファッションECのキーワードは「コーディネイト」と「自撮り」

 「おしゃれEC」通信と題するこの連載、第3回はファッションECについて書きたいと思います。

 今年も気づけば12月、年も終わりに近づいていますが、ファッションEC業界にとって今年は「コーディネイト」と「自撮り」(セルフィー)に注目が集まる年でもありました。

 EC業界としては無料カートの会員数が激増し、C2Cという新たなマーケットが創造され、業界としては激動の1年でした。

 来年に向けて、オシャレなネットショップが来年すべきことをまとめて行きましょう。

ファッションEC界の巨人が仕掛けるコーディネートアプリ「WEAR」

http://wear.jp/

 ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが無料で提供するコーディネートアプリ「WEAR」も注目を集めました。

 会員数も400万人(国内・海外を含む)を突破し、ZOZOの会員と合わせると1,000万人を突破したという発表がありました。

 WEARは法人での登録はできませんが、個人としては無料で利用でき、ネットショップ運営者も個人名であれば登録が可能です。

 自身のSNSに誘導をかけることもできるので、ファッションECをやっている方であれば利用してみても良いかと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 金子 洋平(カネコ ヨウヘイ)

    1979年生まれ。大学卒業後、GMOインターネットにてマーケティング、新規事業立ち上げを経験後、起業。「ファッションメディア」、「ファッションEC」の会社を11年経営し、2016年よりアプリ運営プラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。●Yappli:https://yapp.li/ ●ブロ...

バックナンバー

連載:金子洋平のおしゃれEC通信

もっと読む

この記事もオススメ

2014年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5