記事種別

「Home Page」ではなく「Site」 トップページの正しい英語表記は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/02/24 08:00

 前回は、ネットショッピング全体についての基本用語のお話をしましたが、今回からは、もう少し具体的にポイントをしぼって、越境ECに役立つ英語を紹介していきます。今回はまず、お店の顔ともいえる「トップページ」で役立つ英語表現をピックアップします。

あるのとないのでは大違い! トップページの英語化対策

 ECサイトを訪れた人たちは、その最初に目にしたページのイメージをもとに、そこで買い物するかどうかの判断をします。日本語サイトと同様、できるだけフレンドリーで、どんなお店か、何が特徴なのかがわかりやすい表現をご紹介します。

 定番の「ようこそ、当店のホームページへ」は、

 Thank you for visiting our site./shop.

 などが定番のフレーズです。英語では、ホームページを site というのが一般的です。日本ではHome pageと言ったり、略してHPなどと表記することがありますが、これはネイティブにはピンとこないので気をつけましょう。ほかにも、

 We hope you enjoy your shopping experience.

 は、「買い物を楽しんでください」という意味で、「ゆっくりご覧ください」というニュアンスになります。この enjoy は「楽しむ」という意味ですが、オンラインショップだけではなく、通常の対面接客などでも、お客様に対してよく使う便利な単語です。Enjoy your meal!と言えば「お食事お楽しみください」と、レストランなどで店員が担当のお客様にとてもよく使います。

トップページの最初で使える「あいさつ英語」

 Welcome to our online shop! ようこそ当オンラインショップへ!

 Thank you for shopping with us. 当店でのお買い物、ありがとございます。

 Thanks for visiting! ご訪問ありがとうございます!

越境ユーザーの信頼を高める、「policy」表記

 トップページには、

 Items(商品)
 About us(私たちについて)
 Shipping(配送)
 Payment(お支払い方法)

 など、サイト内の各ページの項目も英語にするとわかりやすくなります。どれもとても大切な要素なので、次回以降で細かくご紹介していきます。ただ、トラブルを避けるためにも必ず入れておきたいのが、「お店の方針」です。方針は policy と言い、Privacy policy で「個人情報についての取り扱い」、また Return policy で「返品交換についての方針」となります。この要素は忘れずに入れましょう。policy の代わりに、 notice も使えます。

「サイトの方針」を説明する表現

 For returns, please see our Return Policy.
 返品については、返品規約をご覧ください。

 Please read the Privacy Notice thoroughly before registering as a member.
 会員登録される前に、「個人情報保護方針」をよくお読みください。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:越境ECに欠かせない、必須英語表現

2014年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5