記事種別

「オウンドメディア」を見直そう! ウェブライダー・松尾茂起さんに聞く、コンテンツ制作の鉄則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/02/10 09:00

 「商品を買ってもらうには、どんなコンテンツを作ればいい?」 ECサイトを運営している事業者なら気になることだろう。そんな事業者の方々にオススメなのが『沈黙のWebライティング』(エムディエヌコーポレーション)だ。この本は2016年11月に発売されて以降、Amazonのマーケティングカテゴリーの上位にランクインし続けている一冊。今回は著者でWebプランニングチーム「ウェブライダー」代表の松尾茂起さんに、ECサイト向けのコンテンツ作りの秘訣をうかがった。

マニアックな商品でも、検索で露出すれば売れるかもしれない

 松尾さんの著書、『沈黙のWebライティング』(エムディエヌコーポレーション刊)は、世界最強のWebマーケターである「ボーン・片桐」という主人公が、経営の危機に瀕した老舗旅館のWeb集客を救うという内容だ。ハードボイルドテイストで描かれるそのストーリーは、Web集客で陥りがちな幾つもの罠を取り上げ、それらの罠を回避するための思考法を教えてくれる。本書は、2015年1月刊行の『沈黙のWebマーケティング』の続編という立ち位置で、今回はコンテンツ制作におけるライティングノウハウに特化して解説されている。

 Webマーケター「ボーン・片桐」のモデル(?)として注目を集める松尾さんだが、元々はミュージシャンだったという経歴がおもしろい。

ウェブライダー代表 松尾茂起さん

「大学卒業後、京都の音楽制作会社に就職しました。そこで舞台音楽の制作などに携わったのですが、自分の名前で飯を食べたいと思い、フリーランスとして独立することを決めます。ただ、元々制作畑の人間だったので、仕事をどうやって受注すればいいかわからない。そんなとき、当時ベストセラーだった『ウェブ進化論』(ちくま新書)という本に出会ったんです。その本には『どんなにマニアックな商品でも、検索エンジンで露出すれば売れるかもしれない』 ということが書かれていました。そのメッセージに雷に打たれたような衝撃を受けた私は、自分が弾いたピアノ伴奏を『ピアノフレーズ集』という商品にしようと考えたんです。世の中にはピアノが弾きたいけれど弾けないミュージシャンがいる、その人たちにとって自分のピアノ演奏はきっと役立つだろう、と。そして、そのフレーズ集を販売するためにサイトを作り、そのサイトを『ピアノ伴奏』『ピアノ素材集』などの検索ワードで上位表示させたところ、飛ぶように売れたんです」

  つまり、「自社ECサイトのSEO」だ。この成功により、松尾さんの元には「SEOのノウハウを教えてほしい」といったコンサルティングの依頼が増えていったという。やがて、自分のSEOのノウハウをテンプレート化することに成功した松尾さんは、オリジナルのサイトテンプレートとSEOに関するアドバイスのサポートがパッケージとなった『賢威』という商品の販売を開始する。この賢威は、正しく効果のあるSEOを学べるということで多くの人から支持され、上場企業でも導入されるようになった。その後、コンサルティングの依頼が増えてきたため、ウェブライダーという会社を設立するに至る。賢威を販売し続けて約10年。その間、SEOはどのように変わってきたのだろうか。

「当時のSEOはキーワードの含有率を調整したり、HTMLソースを触ったりするだけで上位表示できることがありました。しかし、今はそんな単純な方法では上位表示できません。今の検索エンジンは、検索エンジンを使うユーザーがどんな情報を求めているのか? という意図を理解し、ユーザーが見たい・読みたいと思うコンテンツを上位表示させるのです。つまり、ユーザー目線でのコンテンツ制作が大切です」

 では、松尾さんが考える「検索ユーザー目線でのコンテンツ」とは、どのようなものなのか? ECサイトにおけるコンテンツ作りへの活かし方とともに、松尾さんに聞いてみた。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • ECzine編集部 野村 光(ノムラ ヒカル)

    岩手県出身。ケント大学(英国)卒業。ライフスタイル誌、ガジェット系雑誌などで編集・執筆・カメラを担当した後、KADOKAWAにて語学、ビジネス、自己啓発、翻訳など、書籍編集者として幅広いジャンルの書籍を刊行する。2016年11月より翔泳社へ入社し、Webメディアの編集者となる。

  • 星 智徳(ホシ トモノリ)

    フリーランスのカメラマン/ライター。サッカーやバスケットボールなどスポーツの試合撮影を中心に、雑誌やWeb、企業広報などの撮影を行う。飛行機好きが高じて航空マニア向け雑誌での撮影や執筆も行っている。

バックナンバー

連載:ECサイトに役立つ! 今月の著者インタビュー

この記事もオススメ

2014年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5