記事種別

著者情報

  • 星 智徳(ホシ トモノリ)

    フリーランスのカメラマン/ライター。サッカーやバスケットボールなどスポーツの試合撮影を中心に、雑誌やWeb、企業広報などの撮影を行う。飛行機好きが高じて航空マニア向け雑誌での撮影や執筆も行っている。

執筆記事

  • 470801.jpg
    2017/07/25

    強力な物流基盤をフル活用した ローソンフレッシュの戦略

     家電や日用品をECで購入することが当たり前となった昨今。その範囲は、生鮮品などの「ナマモノ」にも広がっている。ネットスーパー業界に参入したローソンは、コンビニエンスストアという巨大なインフラをフル活用し、独自のサービスを構築していた(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

  • 470602.jpg
    2017/07/12

    LINE、自動運転車を利用した未来の物流とは

     運送業界、および日本を代表する企業であるヤマト運輸。EC市場の拡大により増え続ける宅配便に、 同社はどのように立ち向かっているのか。LINEでのコミュニケーション、自動運転車による無人宅配など、 新たなソリューションを生み出す同社の戦略に迫った(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

  • 273302.jpg
    2017/06/30

    「ユーザーに向き合うチームはブレない」 ヤフー友澤さんが語る、強いデジタルチームの作り方

     ECを支援するサービスが進化を続ける一方で、デジタルな環境で実績を出すための「チーム作り」への関心が高まっています。ソフトバンクでEC事業立ち上げやデジタル広告事業に携わり業界内に多数の人脈を構築してきた松田忠浩さんは、現在では自身でも起業する形で独立し、また先日過去最高益を達成したゼロスタートにおいても経営企画の重要な一翼を担う形で、今後のいっそうの成長へと取り組んでいます。そうした経験などを踏まえ、松田さんが業界のキーマンたちにインタビューし「勝てるチームの作りかた」を解き明かします。第1...

  • 463401.jpg
    2017/06/07

    物流効率化で売上を伸ばす、ドロップシッピングの「必勝法」とは

     ECサイトをはじめる際の大きな壁として「在庫の保管場所」と「配送システムの構築」がある。それを解決する手段として、長年知られているのがドロップシッピングだ。特に、株式会社もしもが運営している「もしもドロップシッピング」と「TopSeller(トップセラー)」は、現在1,200社が商品を提供し、約46万人が利用するという、絶大な規模を誇っている。今年11年目を数える同社の代表取締役 実藤さんと、共同創業者で取締役 豊田さんに、ドロップシッピングで好調を続けられる理由をお聞きした。

  • 439011.jpg
    2017/04/20

    名コピーは「コアなファンのひとり言」で決まる! 人を動かす言葉のつくり方

     ECサイト運営をしている方なら、一度は「キャッチコピーが浮かばない!」と苦しんだ経験があるのでは? 広告のクリックや申込みの決め手となる、「キャッチコピー」だが、EC事業者の中にとって、取り扱う商品すべてに凝ったコピーをつけるのは至難の業だ。今回は、『キャッチコピーが面白いほど書ける バカ売れキーワード1000』(KADOKAWA)の著者で、広告代理店の販売促進専門チームにて活躍する堀田博和さんに、「売れるキーワードを量産するコツ」をお聞きした。

  • 43841.jpg
    2017/03/28

    ロイヤリティを高める「個別化」戦略 世界のトレンドから学ぶ、最新のサイト構築論

     「コンテクストマーケティング」という概念で、カスタマージャーニーに則したサイト構築プラットフォームを提供するサイトコアは、イギリスの市場調査機関Vanson Bourneとともに、世界のEC市場における意識調査を行った。世界のEC市場のトレンドや、今後日本に訪れるであろうEC市場のトレンドについて、同社のグレーターアジア・プロダクト戦略責任者、アンソニー・チャン氏に話を伺った。

  • b161125171816_0126.jpg
    2017/02/10

    「オウンドメディア」を見直そう! ウェブライダー・松尾茂起さんに聞く、コンテンツ制作の鉄則

     「商品を買ってもらうには、どんなコンテンツを作ればいい?」 ECサイトを運営している事業者なら気になることだろう。そんな事業者の方々にオススメなのが『沈黙のWebライティング』(エムディエヌコーポレーション)だ。この本は2016年11月に発売されて以降、Amazonのマーケティングカテゴリーの上位にランクインし続けている一冊。今回は著者でWebプランニングチーム「ウェブライダー」代表の松尾茂起さんに、ECサイト向けのコンテンツ作りの秘訣をうかがった。

8件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5