記事種別

売上0円から脱却するためのサイトコンセプト作りのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/11/19 08:00

実は少なくない、売上0円のネットショップ。貧乏サイトから脱却して、まずは月商100万円を目指しましょう。

まずは月商100万円を達成しよう

 「月商1,000万円達成!1億円突破!」成功事例として取り上げられる通販サイトを夢見てオープンしてはみたけれど、実際には月商0円というショップは星の数ほど存在します。0円はないにしても、数万~30万円程度のショップが多数を占めることは、弊社にご相談いただく方々の割合から見ても明らかです。

 このコラムでは、売上0円の貧乏サイトから脱出し、まずは100万円を安定して売り上げるために何をすべきか?を現場の本音を交えてお伝えしていきます。100万円が目標というと笑われるかもしれませんが、この壁を超えることは本当に本当に大変なことです。楽天やYahoo!ショッピングで月商1,000万円級の優良ショップですら、いざ独自ショップを開店したら閑古鳥が鳴くケースだって珍しくないのですから。

売上0円ショップの共通点

 売上のないショップには、2つの共通点があります。1つは、「アクセスがほとんどない」。もう1つは、「この店で買う理由がない」。アクセスについてはSEO対策やリスティング広告、アフィリエイトを中心としたアクセスアップ施策により、ある程度はコントロールできます。ですが、いくらアクセスを集めたところで、訪問者にとって買う理由がなければ、どうしたって売れないのです。

 「胡蝶蘭 通販」というキーワードで検索してみると、リスティング広告はもちろん、検索結果の枠には各種モールや専門サイトがうじゃうじゃ出てきます(ヒット数157万件)。つまり、これらすべてが競合であり敵なわけです。この中から選ばれる最後の1店にならなくてはいけないのですから、冷静に考えると無謀な戦いと言わざるをえません。

 とはいえ、このような状況を嘆くばかりでは前に進まないのも事実です。そこで最初の一手として取り組んでいただきたいのが、サイトコンセプトの見直し。誰に売るのか?何を売るのか?を今一度、深く考えてもらいたいのです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:月商0⇒100万円の道

2015年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5