記事種別

ネットショップの「玄関」、ファーストビュー3秒でできるおもてなし

第2回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

対面接客できないネットショップだからこそ持ちたい、おもてなしの心。今回はネットショップの「玄関」、ファーストビューのおもてなしについてです。

ネットショップの玄関は、たどり着いたすべてのページ!

 実店舗では、玄関に入ると店員さんがお出迎えしてくれたり、「いらっしゃいませ!」と声をかけてくれたりしますね。では、ネットショップの玄関はどこでしょうか。

 答えは、「すべてのページ」です。トップページはもちろん、カテゴリページや商品ページなど、100ページあれば100ページが玄関になります。

 これは、GoogleやYahoo!など検索サイトの技術によるものです。ユーザーの検索するスキルはとても上がっていて、きっと皆さんもそうかと思いますが、複数のキーワードで検索して、自分に必要なサイト、ページにたどり着いています。

 これはネットショップのサイトにたどり着く方法も同様で、小さなネットショップでも対策を行っていれば、検索結果の上のほうに表示されやすくなります。

ファーストビュー3秒でお客様をお出迎え

 たどり着いたページが玄関なら、ドアに当たるのが「ファーストビュー」です。ファーストビューとは、ユーザーの目に最初に入る部分を指します。通常、店名やコンセプトなどが入ったタイトル画像、上ナビと呼ばれるナビゲーション、検索窓、お問い合わせフォームなど、ネットショップの重要なパーツが並んでいます。

 ユーザーがファーストビューをパッと見るだけで、「何のお店なのか」「どんなものを売っているのか」「どういうコンセプトで販売しているのか」をわかるようにする必要があります。それがわかりにくかったり、自分がイメージしていたお店と違うと思った瞬間、ユーザーは簡単に前のページへ戻ってしまいます。

 この間、8秒とも6秒とも、3秒とも言われています。いずれにしろ、ファーストビューをきちんと整え、わずかな時間で興味を持たせ、店内に引き入れるおもてなしをする必要があります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ネットショップのおもてなし

2015年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5