SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

SNS時代に知っておきたい、アンバサダー的アプローチのススメ

実利データと組み合わせてアンバサダー活動の効果を可視化 検証に必要な数字と計算式を伝授

 「アンバサダー(Ambassador)」という言葉は一般的に「大使」と訳され、日本では芸能人などがブランド大使に任命される時に使われることが多いようです。一方、SNSの普及により個人がより簡単に情報を発信できるようになり、自分の好きな企業やブランドについて発言や推奨するだけでなく、他ユーザーへのサポートやブランドの擁護まで自ら行うファンの存在が注目されています。本連載では、ファンの力を活用して課題解決を行う「アンバサダー的アプローチ」についてお話しします。第27回は、「アンバサダー活動の効果検証」についてです。

SNS、ファン/アンバサダー施策の継続展開に欠かせない「成果の可視化」

 SNSやファン/アンバサダーを活用した取り組みへの注目が日に日に高まり、外部カンファレンスのセッションなどでもテーマとして語られるようになっています。一方で、その活動がビジネスにどれだけ貢献しているかを可視化する重要性が高まっていることも肌で感じています。むしろ、これは「待ったなし」という表現が正しいかもしれません。

 こうした取り組みは、単発のキャンペーンではなく中長期で取り組むことが大切となります。なぜなら、そのほうが大きな価値を生み出す可能性が高まるからです。しかし継続的に施策を展開するには、当然ながら実利への貢献度を可視化しなければなりません。こうした悩みは業種・業態に関係なく、取り組みを推進するすべての企業に共通する課題・悩みと言えるでしょう。

 ファンは「ターゲット」ではなく、「パートナー」と位置づけるべきであり、ファンが持つ「好きのチカラ」を最大限に引き出すには「どうやって購入させるか」ではなく、「どうしたらもっと“好き”になってもらえるか」という視点でコミュニケーションを考えることが必要です。だからこそ、貢献の可視化は必須となる――そう考えながらTwitterを眺めていたら、テテマーチのみしまゆうたさんが次のようなツイートを行っていました。

テテマーチみしまさんと著者のTwitter上でのやり取り

 また、著者が親交のあるカラビナハートの吉田啓介さんも、SNSの価値や効果を可視化する「概算力」という考えかたを提唱しています。著者も実際にお話を聞きに行きました。概算力による効果試算は、吉田さんが実際に以前社内で活用していたということもあり、「非常に説得力があるものだ」と感じたことを覚えています。

 効果の可視化はSNS側のデータだけではなく、売上など企業側が保有しているデータとの掛け合わせが必要です。そのため、必ずしもひとつの方程式で成立するわけではないのが特徴となります。基本の方程式はありつつも、ところどころで自社に合わせた式を組み立てなくてはなりません。方程式を作る際には外部の調査データだけではなく、社内で活用している(親和性があり愛用している)メディアや広告媒体の数字を用いて、受け入れてもらいやすい状況を作ることもひとつのポイントです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
“好き”が誰かの購買を後押しする 効果を可視化する計算式を紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
SNS時代に知っておきたい、アンバサダー的アプローチのススメ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

アジャイルメディア・ネットワーク マーケティング部 部長 兼 エバンジェリスト 出口潤(アジャイルメディア・ネットワーク マーケティングブブチョウ ケン エバンジェリスト デグチジュン)

ファンの力を活用して企業やブランドのマーケティング課題解決を支援しているアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)社のマーケティング部 部長 兼 エバンジェリスト。 同社のマーケティングを牽引しながら、アンバサダーマーケティングの専門家として、好きやファン、人を軸にした顧客視点の「アンバサダー的アプローチ」に関する登壇/モデレーター/セミナー講師/寄稿/メディア出演/アドバイザーなどの活動も担当。 何ごとも「自分らしく、楽しむ」 趣味はボルダリング ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9435 2021/09/03 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング