記事種別

トゥルーコンサルティング、「LAZADA」を活用した越境EC参入サービスを拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/05/30 11:00

 トゥルーコンサルティングは、東南アジア最大級のECモール「LAZADA」を活用した越境EC参入サービスを、2017年6月より東南アジア5カ国に拡大する。すでに商品の出品が可能であるマレーシア、シンガポール、インドネシア、タイに加え、フィリピンが出品対象国として加わった。

 トゥルーコンサルティングは、東南アジア最大級のECモール「LAZADA」を活用した越境EC参入サービスを、2017年6月より東南アジア5カ国に拡大する。すでに商品の出品が可能であるマレーシア、シンガポール、インドネシア、タイに加え、フィリピンが出品対象国として加わった。

 LAZADAとは、アリババグループ傘下の東南アジア最大級のECモールで、現在インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムで運営されている。

 トゥルーコンサルティングは、中国ECで10年以上の実績があり、タイを中心とした東南アジアECのコンサルティング企業として活動している。昨年度は、日本企業として初めてLAZADAと越境EC契約を結び、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシアで日系企業の越境EC参入支援を行っていたが、さらにフィリピンが対象国に加わったことで、東南アジア5カ国でのリーチが可能となった。

 同社は、今後も高い成長力を持つ東南アジアへ、スピーディーかつ低コストで多国販売が可能なチャネルを、日本の中小企業へ提供していくとした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2015年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5