記事種別

ソルフレア、徳島の「阿波正藍染」で織り上げた純日本製のデニムを100本限定で予約販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/05/11 09:00

 ソルフレアは、男性に向けたファッションメディア「Amvai(アンバイ)」にて、Slowgunの小林学氏とファッションエディター山下英介氏によるAmvaiオリジナルデニムパンツ「Amvai Denim P001EM」の予約販売を開始することを発表した。

 ソルフレアは、男性に向けたファッションメディア「Amvai(アンバイ)」にて、Slowgunの小林学氏とファッションエディター山下英介氏によるAmvaiオリジナルデニムパンツ「Amvai Denim P001EM」の予約販売を開始することを発表した。

 Amvaiは、「ちょうどいい」感覚でモノを選び発信していく、男性に向けたファッションメディア。同メディアでは、「ちょうどいい」について、「無難」とも「どうでもいい」とも違い、こだわりを持ち、あらゆるモノを知り尽くして初めてわかる感覚と表現している。Amvaiでは、この「ちょうどいい」感覚を持つファッション業界のキーパーソンを「AMVAR(アンバー)」と称し、各自が実際に愛用している「ちょうどいい」ファッションアイテムを紹介している。

 今回発表されたAmvai Denim P001EMは、「100年前にタイムスリップできる純日本製のデニムパンツ」というコンセプトで製作された。製作は、自身のアパレルブランドSlowgun & Coを持つ小林学氏とファッションエディターの山下英介氏が担当。1800年代からつづく徳島の職人技による伝統的な「阿波正藍染(徳島県の無形文化財)」の3種類のかせ染め糸を、昔ながらのビンテージ織機によりテンションをかけずに織りあげたデニム生地で、1800年代後半のフレンチワークパンツをベースに「ユーロワークスタイル」に仕立てた。

 製品企画のはじまりは、Amvaiに掲載された1つの記事だったという。1800年代ゴールドラッシュ当時の技術で製造されたデニムのダメージ(色落ち)についての探究が、デニム好きの心を掴み、製品化への端緒となった。

 本品は、1800年代後半のフレンチワークパンツをペースにしたスタイルで、かがみやすいように後ろみごろを大きくとった、いわゆるチャップリンのような独特のヒップラインでデザインされている。ボタンは、パリで掘り起こした約100年前のヴィンテージメタルボタンを採用されている。

【製品情報】
ブランド名:Amvai.com
製品名:Amvai Denim P001EM
サイズ展開: S M L XL
価格:58,000円(税別)
製造本数:限定100本
発売日:2017年6月下旬(2017年5月10日より一部先行予約販売開始)
※製品写真は、 製作中のサンプル。 予告なく変更になる場合がある。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2016年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5