記事種別

アマゾン「Prime Now」、ドラッグストア、百貨店3社と提携 サプリや惣菜など商品を大幅拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/04/19 11:00

 アマゾン・ジャパンは、4月18日(火)より、Amazon プライム会員向けサービス「Prime Now(プライム ナウ)」で、ドラッグストアのコスメ・美容用品と百貨店の総菜・和洋菓子の取り扱いを開始したことを発表した。

 アマゾン・ジャパン(以下、Amazon)は、4月18日(火)より、Amazon プライム会員向けサービス「Prime Now(プライム ナウ)」で、ドラッグストアのコスメ・美容用品と百貨店の総菜・和洋菓子の取り扱いを開始したことを発表した。

ココカラファイン 販促マーケティングチーム マネジャー 郡司昇氏(左)と、アマゾン・ジャパン Prime Now事業部部長の永妻玲子氏

ココカラファイン 販促部マーケティングチーム マネジャー 郡司昇氏(左)と、アマゾン・ジャパン Prime Now事業部 事業部長 永妻玲子氏

 これらの商品は、ドラッグストアの提携店としてココカラファインとマツモトキヨシ、総菜・食料品の提携店として三越日本橋本店がPrime Nowへ出品する形で提供する。

 Prime Nowは、2015年11月に日本でサービスを開始し、品揃えと対象エリアを拡大してきた。今回、提携店各社と協力することで、ドラッグストアで人気のコスメ・美容用品ならびに百貨店の高品質な総菜・和洋菓子という新たな品揃えを提供する。提携店3社での現時点での合計出品商品数は約1万1,000点で、都内の対象エリアにおけるPrime Nowの取扱商品は最大7万点以上に拡大する

 今回の提携では、AmazonがPrime Now専用アプリにより集客から受注までを行う。ユーザーからの注文を確認した後は、Prime Nowの配送員が各販売店舗で商品を集荷し、ユーザーの自宅などへ配送する。Amazonは提携店の在庫を自社倉庫に確保するのではなく、Amazonが提携店舗の在庫を集荷して配送するという仕組みだ。

提携店との連携モデル(記者会見資料)

 配送オプションとしては、当日または翌日の配達希望時間を2時間単位で指定する「2時間便(配送料金は540円)」のほか、別途890円の配送料金で1時間以内の配送を行う「1時間以内配送」が利用できる。

 【注文時間】24時間
 【配送時間】
 ・ココカラファイン:10時~22時
 ・マツモトキヨシ::10時(サービス開始当初は12時)~深夜0時
 ・三越日本橋本店:12時~20時(サービス開始当初は 14時~16時の時間帯を除く)

 なお、各店舗の対象エリアは、各店舗により下記の通り。

クリックで画像を拡大

 注文方法については、通常のPrime Nowアプリでの注文とほぼ同様だが、商品は各店舗ごとのカートに入り、それぞれ2,500円以上から注文可能。

Prime Nowアプリでのショッピングカート

Prime Nowアプリでのショッピングカート画面。各店舗で個別のカートが表示される

 また、2時間便の配送料はココカラファインとマツモトキヨシで5,000円以上、三越日本橋本店で9,000円以上で無料となる。

  本サービスは北米などの地域ですでに行われており、日本では初となる。今回、3店と提携をしたことにより、Amazonは都市型の店舗では在庫の確保が難しかった商品も取り扱うことができるようになった。また提携店にとっては、より利便性の高いPrime Nowに出品することで、「すぐに商品が欲しい」というニーズに対応することができ、より広いユーザーに対する訴求を行うことができるようになる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5