記事種別

カラフル・ボードとトッパンフォームズが、「コンテンツ・パーソナライゼーションエンジン」を共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/03/09 14:00

 カラフル・ボードは、トッパン・フォームズと業務提携し、共同で一人ひとりの好みに合わせた商品や表現を提案する「コンテンツ・パーソナライゼーションエンジン」の開発に着手すると発表した。

 カラフル・ボードは、トッパン・フォームズと業務提携し、共同で一人ひとりの好みに合わせた商品や表現を提案する「コンテンツ・パーソナライゼーションエンジン」の開発に着手すると発表した。

 コンテンツ・パーソナライゼーションエンジンとは、カラフル・ボードが開発する、一人ひとりの感性を学習する人工知能「SENSY(センシー)」を活用した「商品レコメンド機能」と、トッパンフォームズが保有する独自のデザイン嗜好型データベース「Ugocus Engine(ウゴカスエンジン)」を活用して開発する「表現レコメンド機能」を融合させることで、「誰に」「何を」「どのように」という3つの観点でレコメンドすることができるエンジン。顧客情報、購買履歴から好みを解析し、一人ひとりに合わせたデザイン、キャッチコピーを使って商品を提案する。

 両社は2017年4月より、コンテンツ・パーソナライゼーションエンジンのテスト販売を開始し、2017年10月より順次サービス展開を開始する予定だという。また、トッパンフォームズとカラフル・ボードは、コンテンツ・パーソナライゼーションエンジンを出発点として、幅広いCRMソリューションにおいてパーソナル人工知能の活用を検討していく予定だとした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2016年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5