記事種別

AmazonのWebサービス、世界的チケット販売企業が導入を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/02/10 11:00

 Amazonの子会社Amazon Web Serviceは、2017年2月8日(現地時間)、ライブ・エンターテインメントおよびEC企業のライブ・ネーション・エンタテインメントが、パブリック・クラウド・インフラのプロバイダーとして同社のサービス導入を決定したことを発表した。

 Amazonの子会社Amazon Web Service(以下、AWS)は、2017年2月8日(現地時間)、ライブ・エンターテインメントおよびEC企業のライブ・ネーション・エンタテインメント(以下、ライブ・ネーション)が、パブリック・クラウド・インフラのプロバイダーとして同社のサービス導入を決定したことを発表した。

 ライブ・ネーションは、フェスティバルやライブイベントなどにおけるチケットサービスを世界的に展開している。同社サイトには毎月8,000万人(モバイル端末利用者は60%)が訪れ、年間5.3億件のチケット決済が行われている。また、近年では毎年2万6,000のイベントをプロデュースしている。

 Amazonは、今後ライブ・ネーションのチケット販売がAWSの運営に移行されることを発表。これによりライブ・ネーションは、クラウド上での仮想デスクトップコンピューティングサービス(Amazon WorkSpaces)や仮想サーバーホスティングサービス(Amazon Elastic Compute Cloud)などを活用し、クラウド上での作業環境によるコスト削減や、障害に強いサービスの構築を図る。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5