記事種別

NTTドコモ、「バーチャルアイドル」を日中で展開 チャイナモバイルグループ会社と協創で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/12/06 14:00

 NTTドコモは、中国の移動通信事業者China Mobile Communications Corporationのグループ会社で、アニメ関連ビジネスを展開するミグ動漫と2016年11月30日に「コンテンツの共同制作及び共同運営に関する契約」を締結した。

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は、中国の移動通信事業者China Mobile Communications Corporation(以下、チャイナモバイル)のグループ会社で、アニメ関連ビジネスを展開するミグ動漫と2016年11月30日に「コンテンツの共同制作及び共同運営に関する契約」を締結した。ドコモとチャイナモバイルは、2011年1月に事業協力契約を締結しており、今回の取り組みはその一環となる。

 本取り組みは、ドコモとミグ動漫がバーチャルアイドルを制作し、2017年5月以降、日中の様々な配信プラットフォームで、音楽やダンス、ライブ番組などを通じてファンとの交流を深めていくというもの。その他、日中の様々なパートナー企業とも協力し、バーチャルアイドルを活用したキャラクタービジネス等にも検討する。

バーチャルアイドルのイメージ

 中国におけるアニメ関連産業の市場規模は2015年に1.81兆円(前年比+13.1%)(※1)、日本においては1.82兆円(前年比+12.0%)(※2)に達しており、今後も更なる拡大が期待される。ドコモおよびミグ動漫は、更に成長が見込めるこの日中アニメ市場で協創し、バーチャルアイドルを軸とした新たなビジネスの展開を目指していく。

 ※1 「2016-2022年 中国動漫業界発展現状と未来投資戦略研究報告」より  
 ※2 「一般社団法人日本動画協会報告書 アニメ産業レポート2016」より



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


2014年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5