記事種別

Facebook、広告指標データに第三者機関の検証を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/11/22 11:00

 Facebookは、11月18日に「指標とレポートに関するアップデート」を発表。パートナー企業や業界がFacebookの提供するインサイトをより正確に理解できるよう、広告指標のアップデートを行うことを明らかにした。

 Facebookは、11月18日に「指標とレポートに関するアップデート」を発表。パートナー企業や業界がFacebookの提供するインサイトをより正確に理解できるよう、広告指標のアップデートを行う。アップデートの詳細は、主に下記の3点。

サードパーティによる検証の増加

 Facebookはこれまで、comScore、Moat、Nielsen、Integral Ad Science (IAS)らと連携してきた。現在同社は、同社のパートナー企業に提供するレポートを検証するために、サードパーティによる追加のレビューの導入を進めている。また、Moat、IAS、comScoreなどの閲覧可能性検証パートナーにより、表示インプレッションデータを検証できる機能も導入予定。この統合により、広告が画面上に表示された時間を独自に測定したいという、パートナー企業からの要望に応える。

クライアントと協力し、より多くの効果測定ソリューションを開発

 Facebookは、世界規模のクライアント会議によって、コンバージョンリフトやモバイルでのブランドリフト効果測定などのイノベーションを生み出してきたことを重要視。この会議の貴重な意見と、業績につながる効果測定の標準を求める声の高まりを受け、同社は現在、会議のメンバーやその他の企業、測定会社の幹部などと協力し、新たに広告効果測定会議を立ち上げよる予定だ。詳細は今後数週間のうちに発表するという。

広告指標に関する通知を定期的に、よりわかりやすく提供

 広告指標が明確で、Facebook製品の真価に合わせて最新のものであることを保証するため、新たに内部審査プロセスを定める。このプロセスの一環として、今後は製品アップデートについてより定期的に通知や説明を行っていく。通知や説明には、次のような複数の方法があり、一部はすでに実施されている。

  1. 製品内の定義 これまでどおり、パートナー企業が広告を購入したりレポートにアクセスする製品内で、最新情報を通知する。今後も、有意のアップデートが行われれば、製品内でわかるようにする。
  2. Facebookのクライアント担当チームから パートナー企業に影響がある広告指標の重要なアップデートについては、パートナー企業担当チームを通じて直接通知を行う。
  3. 指標に関する情報のブログ 広告指標に対して行う有意のアップデートについて、情報公開を徹底する。そのために、指標の改善に関する情報を定期的に発信する新しいチャンネルを開設する。

 Facebookはこのほか、ページインサイトや動画の100%再生の測定などのシステムでの不備を報告。これらの将来的な改善を発表した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5