記事種別

必要な人に適正価格で届ける存在でありたい オリジナル授乳服の「ミルクティー」起業物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/05/12 08:00

2013年Eストアー「ネットショップ大賞」の銀賞を受賞した、おしゃれなマタニティと授乳服を企画・販売する「ミルクティー」。自らの経験から「試しに」くらいの気持ちで販売を始めると、2ヵ月後に数百万円を売り上げ、ニーズを確信したという。

自分が困ったことを事業化 開始2ヵ月で数百万円の売り上げ

――ネットショップをやろうと思ったきっかけを教えてください。

 「2007年12月末に長女を出産したんですが、主人も私もあまりお金がなくて、普通の服をパンパンになりながら着ていたような状況でした。母が見かねて、『みっともないからマタニティを買いなさい』とお金を渡してくれて、ようやくしぶしぶ買いに行ったんです。

 でも、産後の授乳にマタニティはあわなくて、また新しいものを買わなければならなくなりました。いま、うちのサイトで売っているマタニティ、授乳服の価格からすると、当時は2~3倍の値段で売られていて、モノとしては素晴らしいんですけど、ほんの一時期しか来ないものにこの値段を出していいものか、本当に悩みながら買っていました。

授乳服とマタニティ服のMilk tea
http://junyu-fuku.com/

 私だったら、授乳服はとりあえず胸が出せる単純なものであればいいと思ったんです。そして、それが欲しい人はたくさんいるんじゃないかとも思いました。ちょうどそのとき、主人が韓国で男性用のTシャツを作る工場をやっていたので、数枚でも、授乳服を作ってみようと思ったのがきっかけです。2008年の4月に個人事業として開業届を出して、ネットショップは5月から動き出しました」

――始めてみていかがでしたか。

ミルクティー代表 金美里さん

 「とはいえ工場も、数枚の発注では動いてくれないんですね。なので最初は、卸売の市場に出回っているマタニティ服の中からかわいいものを買いつけて、少量ずつ売る方向で始めました。

 オープンして、1、2ヵ月は、1日に1、2件の受注という感じだったんですが、それでも私はびっくりしたんですね。広告も出していないのに、どこで知ってくださったんだろうって。そして事業をはじめてから3ヵ月目の7月にちょっとしたセールをやってみたら、月数百万円の売上があって、驚きました。

 これなら授乳服を生産してもいけるんじゃないかと少しずつ増やしていったら、1枚アップするごとにすごい反応があったんですね。マタニティで既存のお客様がいたのが大きかったと思うんですが、本当におもしろいぐらい反応があったんですよね。それからはもう配送が追いつかないような状況で、とにかくお客様をお待たせしないように必死でした」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:列島縦断!店長インタビュー

もっと読む

この記事もオススメ

2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5